麻歩の、寝たり食ったり喋ったり

社会人のコスプレをしながら暮らす、スーファミ世代の明るい引きこもり投資家のブログです。当ブログは、広告やプロモーションを含む場合があります。

スポンサーリンク

最近の病院で良いなと思った事

 最近、結構長く通っていた病院の受付で、う〜ん、と思う対応をされた事をきっかけに、今月はかかりつけ医の大幅チェンジや、悩んでいた健康面での精密検査をいくつか行ってまいりました。

 

 今日は、個人的にわたしがいいな、と思った病院や薬局のシステムについて感想を述べたいと思います。



完全予約制

 わたしが病院で、大嫌いなのが待ち時間です。

 

 わたしが子供の頃、母が早起きして診察券を出したにも関わらず、帰るのが夕方なんて事がザラにありました。

 

 狭い病院の待合室、決して座り心地も良いとは言えない椅子に、科によっては明らかに伝染病の人と閉鎖空間で何時間も一緒にいなければならない環境が苦痛でした。

 

 電話予約ができる所はまだ良いですが、そもそも今電話を個人で通話料をかけて使う事って少ないですよね。

 

 なので、思い切ってインターネットで完全予約できる病院に変えてみました。

 

 初めての先生との対面は緊張しますが、勇気を出して、相性が悪かったら変えればいいと自分を鼓舞し行ってみたらこれが大正解!

 

 4時予約で15分前に着いたので、待つつもりで受付だけしたら、すぐに案内されて4時前に診察が終わるなんて事も!

 

 ほぼ時間通りに終わるので、その後の予定も立てやすく疲れません。

 

 

IT化したドリンクサーバーやゴミ箱、検査結果

 初めて見てびっくりしたんですが、ドリンクサーバーにボタンがなく、タッチパネル式で、飲んだ後のカップを捨てるゴミ箱が、手をかざすと自動で開くタイプでした。

 

 他にも、会計専用の機械が置いてあったり、処方箋をスキャナーに通すと番号札が出てきたり、待合室の椅子がネカフェの様なリクライニングできるゆったりした椅子で、患者同士の席が離れていて、パーソナルスペースも確保できたりと良いことずくめ!

 

 一流ホテルやリラクゼーションのための施設ではないのに、患者ファーストの気遣いがとても嬉しいですよね。

 

 また、専用アプリに登録すると、検査結果をアプリから確認て見返す事もできるのだそうです。

 

 子供の頃に欲しかった!!

 

あとがき

 今あげた病院さんは、新しく綺麗で、おそらく先生の年齢もお若い方ばかりでした。

 

 年配の方が悪いわけではないですが、タムパ重視する若者の新しい目線が、患者側に快適なサービスを提供していて素敵だなと思いました。

 

 急病の時は困りますが、そうではなく、常備薬をもらいに行くだけの時や、健康の事で悩んでいる事を相談したい時に、時間が読みやすいのはありがたすぎて、もう以前の病院には戻れません。

 

 患者ファーストの病院さんは、診察が早いだけではなく、苦痛の伴う検査の負担を最小限に抑えるよう配慮してくださったり、シンプルに整理してお話するのだけど、言うべき事は言ってくださったりと、短い時間で必要なコミュニケーションが取れているので信頼できます。

 

 システマチックに物事を管理、コントロールしたいタイプの人に向いていると思います。

 

 そろそろ他県に引っ越したいなぁという気持ちもあったのですが、病院とは切れない関係なので、こんなに快適なら、しばらく仙台に住み続けるのも悪くないな、と考え始めています。

 

 うさぎさんの病院も信頼できる先生ですし。

 

 わたしが、う〜んと思った病院も、別の人からしたら良い病院の可能性もあります。

 

 友人関係と同じで、合う合わない、付き合いが長くなったら雑に扱われるなどは、通ってみないとわかりません。

 

 でも、そこはさすが100万人都市、毎回モヤッとするなら音信不通にして付き合うのをこちらの都合でやめられるので気楽です。

 

 今回4つの病院を新たなかかりつけ医にして、現在精密検査の結果待ちだったり、新たな治療を開始しています。

 

 とは言え、どんなに先生やスタッフさんが良くしてくださっても、病院、積極的に行きたくはないですよね。

 

 なので、最近は病院帰りに気になっているお店でちょっと豪華なランチをしたり、自分では作れないおやつを食べたり、綺麗な景色の中を散歩したりと、行ってみたい場所を事前に調べて楽しいイベントとしてお出かけするようにしています。

 

 これだと、ウォーキングにもなるし一石二鳥ですよね。

 

 そんな感じで、いつまであるかわからない人生、楽しみながら生きていこうと思ったのでした。