麻歩の、寝たり食ったり喋ったり

趣味や日々の出来事、思う事などを気ままに発信。仕入れた情報に主観を挟んで発言します。

スポンサーリンク

ホワイト企業に転職してわかった事

 新しい職場に転職して、早1ヶ月が経ちました。

 

 今日は、ホワイト企業に転職してわかった事や、前の職場との違いなどをまとめてみようと思います。

転è·ãèãã¦ãã女æ§ä¼ç¤¾å¡ã®ã¤ã©ã¹ã

 

〜目次〜

  

いじめがないって快適

 まず、一番に変わった事は、いじめやパワハラがない事です。

 

 厳しい事を言う方はいますが、それは誰に対しても同じ態度。個人攻撃ではありません。

 

 目の前の出来事に対して、何か言われたり、怒られている人を見た事はありますが、それは目の前で起こったことに対しての不満であって、個人の容姿・能力・思想などに対する否定ではありません

 

 気分で突然殴られる事がないので、必要以上に怯える必要がなく、穏やかな気持ちで仕事ができます

 

休み時間に休める

 休み時間に休めるって、これ当たり前じゃーん!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、以前いたブラック企業では、休憩中に休むという事もままなりませんでした

 

 食事中に電話を取らされたり、外出を制限されたり、時間より早く戻ってくることを強要されるなど、休憩中もまるっと休んだことがありませんでした。

 

 今の職場では、休憩中に何かあれば、当たり前に休憩中でない方が対応してくださるので、休むために時間を使えます

 

好きな時にトイレに行ける

 以前いた、ブラック企業の上司がストーカーでした。

 

 勤務時間中にトイレに席を立つと、何をしに行ったのか詳しく聞かれたり、戻ってくるまでの時間や回数をカウントされて告げられたり、その日の個人的な体調について質問され、とにかく気持ち悪かったです。

 

 女性は男性と体の作りが違いますし、男性にはない習慣がありますが、男性上司と積極的にそういった話をしたいという方はあまりいらっしゃらないと思います。

 

 わたしの場合、そういった緊張から、必然的にトイレの回数が多くなってしまっていたようなのですが、新しい職場に転職してからはそれが全くなくなりました。

 

有休がある

 わたしはまだ入社したばかりなので、持っていないのですが、新しい職場では、入社半年後に当たり前のように有給が付与され、使いたい時に事前に申請すれば、繁忙期などに被らなければ、まず断られないようです。

 

 また、使った事で何か言われたり不利益を受ける事もないようです。

 

 アルバイトでも貰える、法律で決められた当たり前の事なのですが、以前いたブラック企業では、悪徳上司により有給休暇の存在自体が握りつぶされていました。(この辺も実は結構揉めました)

 

交通費が出る

 交通費は、出さなくても法律違反ではありませんが、無条件に頂けるというのはありがたいものです。

 

 以前の職場では、従業員には1円もやりたくないというのが見え見えでしたので、交通費を貰った事もなければ、給料が上がった事も一度もありません

 

 従業員を、機械部品のように、単なる駒としてカウントしているか、人として見ているか、こういった所にも現れてくると思います。

 

1年続いたら本物

 色々と書きましたが、不安やストレスに思っている事が一切ないわけではありません

 

 いじめがないとはいえ、遊びに行っているわけではありません。

 

 気も使いますし、プレッシャーもあります。

 

 ただ、今の職場には、嫌いな人がいません

 

 前の職場に溢れていた、人をいじめてやろう、蹴落として恥をかかせてやろうという悪意を持った人がいないのです。

 

 自分の意見を言ったり、結構自由に発言させてもらっている感じです。

 

 今後もそうだといいな、とは思いますが、新人だからきつい事を言われていないだけ、という可能性もあります

 

 わたしがいつも会社を辞めたくなるのは、大体入って3ヶ月ぐらいの頃です。

 

 その頃になると、会社の裏事情や、個人の本性などが見えてきます。

 

 自分がミスをして人に迷惑をかけたから怒られた、など納得のいく内容ならいいのですが、そのくらいの頃に、納得できない理不尽な事を言われて、綺麗な気持ちで頑張ってきた行為全体を否定されたような気持ちになり、今後その方とどう接していいのかわからなくなり、辞めたくなるのです。

 

 だから、もしこの記事を書いてから1年後も同じ感想を持っていたとしたら、この転職は最高だったと言えると思います。

 

 仕事中忙しい、仕事内容が難しいなどは、お金をもらっているので受け入れられるんです。

 

 でも、パワハラ、いじめ、無茶振り、無償残業やストーカー行為、セクハラなどは、どうしても業務の範囲外と思ってしまい、受け入れることができません

 

 もし今後、これらの事が起き、努力で解決できないと判断した場合は、不利な土俵で戦おうとせず、早々に立ち去って新たな生活を見つけようと思います(以前、パワハラ上司と戦ったらパワハラが悪化して退職に追い込まれた)

 

 

 でも、前職よりも少ない出勤日数でお給料も増えたので、これ以上の条件の所と言うと、なかなかないかもしれない。

 

 機会をいただけた事や周囲の方に感謝し、大事にしたいと思っています。

 

 とりあえず今、わたし史上、今までで1番職場環境が良いです。

 

 仕事内容も好きな事ですし、夜寝るのも朝起きるのも怖くなく、今日は何をするのだろう、とポジティブな意味で捉えることができます。

 

 前は、今日は何をされるのだろう…でしたからね。大きな変化です。

 

 それと、1番安心したのは、自分、働く事自体が嫌いではなかったんだなという事です。

 

 前職場で、社会不適合者、頭がおかしい、普通じゃないなどと毎日のように言われてきて、わたしは社会に向いていないんだと思っていましたが、理不尽な事が嫌だっただけで、働く事が楽しいと思い始めています。

 

 労働が嫌いじゃないとわかった事が、今回1番の収穫かもしれません。