麻歩の、寝たり食ったり喋ったり(^^)

麻歩の、寝たり食ったり喋ったり

趣味や日々の出来事、思う事などを気ままに発信。仕入れた情報に主観を挟んで発言します。

スポンサーリンク

激安店で生肉を食べたら悶絶した話

 生肉の提供が法規制される前の話だけど、友達に誘われて、3人で激安居酒屋に行った。

 

 楽しく皆で飲んでいたのだけど、その中で気になった、「生ホルモン 150円」を注文。

 主にわたしが食べた。

 

 楽しく話をし、お開きになり、なんとなくだるさを感じたものの、疲れたのかな?と、深く考えずに帰路へ。

 

 お風呂に入って、いざ寝ようと思ったのだけど…。

 

 

 

 眠れぬ夜が始まった…

(お食事を中の方は見ないほうがいいかもです…)

f:id:mahousagi:20170628175640p:plain

~目次~

 

体調に異変

 なんとなくだるさを感じていたわたし。

 

 休んだら治るだろうと思っていたけれど、実はたいへんな事になっていたらしい。

 

 

 リバースがとまらない!!

 (絶対あの生ホルモンが原因だ!)

 

 どうしよう…どうしよう…

 

 落ち着けわたし

 

 3回ほどリバースしたところで冷静になる。

 

 

 寝て起きたら、少しはマシになるかもしれない。

 救急車は大袈裟だから、明日、朝になったら休みをもらって病院に行こう。

 

 そう決意して、その日は無理やり寝た。

 

そして病院へ

 朝起きてみたけれど、体調は、良くなるどころか、さらにひどくなっていた

 平常時なら絶対にありえない高熱、気持ち悪さ、だるさで、何も食べられなかった

 

 さすがに、いつまでもうずくまっているわけにも行かないので、フラフラの状態で病院へ。

 

 受付で案内される。

 普通なら問診表を書いて、待合室で順番を待つ形になるけど、この時のわたしは、苦しさで、まともに起きている事ができなかった。

 

 通常時なら、大人なので、多少具合が悪くても、人前では隠して毅然とした振る舞いをするものだ。

 

 ただ、この時のわたしは、周りに配慮して平静を装う事すらできなかった

 待合室で、黙って座る。ただそれだけの事ができない。

 頭は地面へ。

 自分で自分の体を支えている事ができなかったのだ。

そして別室へ

 見かねた看護師さんが、事情を聞いて、別室へ連れて行ってくれた。ここで横になっていていいよ、とご配慮いただいた。

 

 待っている間、横になりながら点滴をしていただいた。時簡にして4時間くらい。その間、幾ばくかの睡眠も取る事ができた。

 かなり楽になった。

診断結果

 結果は、食中毒による急性胃腸炎。だろうというお話。

 

 まぁ、普通に考えてそうだよね。

 

 しばらく固形物は取れなかったから、1週間くらいはポカリやアクエリアスなどの清涼飲料や、インスタントのお粥などがわたしの食事。

 

 仕事を休んだ事+病院代、さらに余計な出費と、だいたい3万5千円くらいの損になった。

最後に

 これを機に、わたしは激安店には行かなくなった。あと生ホルモンが食べられなくなった。だって怖い。

 お店を訴える、という選択肢も考えられたけど、他の2人が何ともなかったのもあるし、証拠もない。その労力を、仕事に回したほうが現実的。

 

 管理が徹底されているお店なら、こんな事にはならなかったのかもしれない。

 衛生状態いいかげんな店だと、生肉や野菜など、一緒に切ってはいけないものを、消毒せずに同じまな板で切って出したりする事があるから、そういのも要因のひとつかも、と言われたけれど、真相はわからない。

 

 ちょうど、ユッケ事件が大きく伝えられた後で、先生が、

「もうちょっと遅かったら危なかったね。来てくれてよかったよ」

と言われたのがその日一番のガクブル。

 

 これからもっと暑い時期に入ります。

 食べ物が痛みやすいですから、加熱しないものの摂取は特に気をつけて、みなさんお身体にはお気をつけくださいね。