麻歩の、寝たり食ったり喋ったり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻歩の、寝たり食ったり喋ったり

趣味や日々の出来事、思う事などを気ままに発信。仕入れた情報に主観を挟んで発言します。

スポンサーリンク

いちいち自慢?とか言う奴ww

自慢という名のパワーワード

 何気なくした日常のつぶやきや報告がに対して、「それって自慢?」「だから何?」「傷つきました!」と言ってくる人、たまにいませんか?

 

 これって、言われた方は、たちまち加害者にされてしまうという、とてつもないパワーを秘めているんですよ。

 

 今日は、わたしがリアルとネットで実際に言われて困ったエピソードを書き綴っていこうと思います。

ネットいじめのイラスト(女性)

 

~目次~

 

食べ物の話

 まずはネットで実際にあった話から。

 

 わたしは結構食を重視するので、その日作ったものや食べたものの写真や内容をつぶやいたりしていたんです。そしたら、「自慢ですか?」「ダイエット中で食べられないのに!」「病気になって○ねばいい!」

 

 わたしの言い分としては、食べ物の話って無難だし、他人のつぶやきから、こんなお料理があるんだ、とか、今はこういうのが流行ってるんだ、とか、自分の中からは出てこない情報が知れて楽しいっていうのがあるんですね。それに対して自慢って…。

 

 自慢って言われても、夜中においしそうな焼肉やラーメンを食べてる人なんて五万といるし、わたしが食べているのって、その辺のスーパーやコンビニで買えるものだったり、デパートや喫茶店のお菓子です。もっとゴージャスな生活をしている人も多いですよね。

 

 でも、この事がきっかけで、食べ物の話で人が傷つくんだ…と怖くなって、ネットから遠ざかっていた時期があります

 

出身校の話

 続いて、リアルで実際にあった話。

 

 わたしは、とある私立の出身なんですが、職場でお昼を食べていて、みんなの出身幼稚園の話になり、幼稚園の記憶はいつからある?という話題になりました。

 

 そこでわたしが、入試の時から覚えてるよって話をしたら、「どんな試験だったの?」「何を聞かれたの?」などという質問が。

 

 それに答えていたら、その中に1人、面白く思わない方がいたみたいで。

 

「フンッ!その程度で受験とか…笑っちゃう」

 

 一瞬、何が起きたのか理解できませんでした。

 

 仮にその人を、J子さんとしましょう。

 その日を境に、J子さんから、嫌がらせや攻撃が始まったんです。

 

 内容は、わたしが前日美容院に行ってくると、朝トイレについてきて、上の人が見ていない所で、「美容院に行ってきたの?フフ…そのわりには、髪の毛痛んでるね」と、わざわざはき捨てに来たり、後ろから洋服をいきなりつかまれて、「どこのブランドかと思ったけど、やっぱりね…」とつぶやいてみたり。とにかく人の目のない所でぼそぼそと嫌味攻撃を受ける事が多くなりました。

 

 後から他の人経由で聞いた話ですが、J子さんのお子さんが、一貫校の受験に最近失敗したんだそうで。それで、私立出身者コノヤロー!となったみたいです。

 

自慢と自慢じゃない事の境界線

 わたしなりの考えですが、自分の報告をしているだけなら自慢ではない、相手が自分の持っているものを持っていないと知りながら、あえて自分は持っているよと伝えに行く行為が自慢かな、と思います。

 ドラえもんで、スネ夫がのび太の持っていないおもちゃを見せびらかした上で、あえてのび太には貸してあげないみたいなシーンありますよね。あれの悪質版です。わたしはこれを、悪質スネちゃまと呼んでいます。

 

 友人、知人にお金持ち、結構いますが、どこに行ってきた、最近こんな事をしている、などの報告を聞いて、すごい!羨ましい!とは思いますが、お前には無理だけどな!とか言う人は1人もいないので、別に腹はたちません。でも羨ましい^^

 

どうしても自慢に聞こえる時は?

 この人の発言、自慢っぽくて苦手だなって人、わたしにもいますよ。どうしてもつぶやきや通知が来ると辛くなる人。

 

 そんな時は、思い切って、距離をおきましょう

 そもそもの価値観や住む世界が違うんだ、と考えましょう。

 

 女性に多く見られますが、環境が変わると、どうしても話が合わなくなって、付き合い続けるのが難しくなる事って、あります

 そんな時に、無理やり相手を変えるのではなく、楽な距離で付き合いましょう

 

 今ツイッターでもミュート機能ができたの、ご存知です?

 

 相手のプロフィール画面に行ってフォローボタンの横を押すと、そこからフォロー解除せずにミュート設定ができるんですよ。

 一方的に関係を絶つのが難しい場合は、こんな方法もあるんです。

 

 もし、一時的に疎遠になった相手でも、お互いの環境や気持ちが変わったりして、また付き合いが再会する事もあるでしょう。地球上に人間はたくさんいるので、メンタルをえぐってくる人に時間を割くのはもったいないです

 

最後に

 相手の立場や状況によっては、自分の発した言葉が自慢と取られてしまう事があります。もし、相手が気にしていたり、状況によって受けつけないような時は、発言や接触を控える気遣いも必要でしょう。

 ただ、あまりにも「自慢?自慢?」と、こちらの発言の自由を奪って困らせる事が目的になっているような人なら、まともに取り合う必要はありません。そういった人はだいたい、他の人にも同じような事をしています。

 

 肩の力を抜いて、嘘で防御しないで付き合える、そんな関係が一番ですけどね。

 

 それから、色々書きましたが、これは過去の話でして、今、リアルやネットで仲良くしてくださる方、絡んでくださる方、コメントくださる方の事ではありませんので、もし気にして心配されてしまう方がいらっしいましたら、絶対に違いますので、先に書いておきますね。

 

 あなたが無理なく楽しい、SNSライフが送れますように。

 麻歩でした☆