麻歩の、寝たり食ったり喋ったり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻歩の、寝たり食ったり喋ったり

趣味や日々の出来事、思う事などを気ままに発信。仕入れた情報に主観を挟んで発言します。

スポンサーリンク

コミュニケーションが苦手な人ほど、大人数の会社に入った方がいい理由

こんにちは~。

 

会社での人間関係って疲れますよね。

 

今日は、何度も転職をしているわたしが、女性視点で、こういう会社を選べば比較的楽かもよ?という話を経験からまとめようと思います。

 

 

~目次~

○いじめは、昼休みから生まれる

○忙しい、充実している人は、他人を叩いている暇なんてない

○大人数だと、個性が許容されやすい

○大企業だと、逃げ道がある

○まとめ

 

 

いじめは、昼休みから生まれる

だいたい社内でのいじめって、昼休みの暇な時間帯がきっかけで起こります。

結婚、子供、恋人の有無、出身校の偏差値や経済状況など、会話の中で、こいつは自分より優れている!と思うと、攻撃したり、マウンティングしてくる女性が必ずいます。

若くて可愛い子、入社して間もない子、優秀で周囲から気に入られている子、気の弱そうな子などがターゲットになりやすいです。

一度言ってしまった情報は相手の印象に残り、取り消すことはできません。

いじめ目的で個人情報を聞き出そうとしてくる輩には注意が必要です。悪意のある人には、普段から余計な情報を与えないようにしましょう。

また、昼休みがあまりにも神経をすり減らす拷問時間になっている人は、思い切って輪から抜けて自由行動しましょう。

 

 

忙しい、充実している人は、他人を叩いている暇なんてない

 

本当に充実していたり、忙しくて余裕がない人は、人を叩いている暇なんてあるはずがありません。自分の幸せ、もしくは自分の仕事で手いっぱいなのです。

本来意地悪な人であっても、忙しいと、無駄話をしている余裕がないため、格差なども認識しづらく、お互いの違いから来る妬み嫉みも生まれづらくなります。

また、忙しい職場だと、余計な無駄話を挟まない分、仕事に没頭できますし、殺伐とした仕事環境に慣れていくと、どんな職場でも対応しやすくなって、自身の力になります。

 

 

大人数だと、個性が許容されやすい

 

上記を踏まえてわたしがオススメしたいのは、ある程度大人数の職場です。

大人数の所だと、様々な人が集まるため、性格、服装など規則を守っていれば、個人が咎められる事は、あまりありませんでした。

昼休みの過ごし方ひとつ取っても、みんなとわいわいするも良し、単独行動するもよし。

また、個性豊かな人が集まるため、自分の居場所を作りやすいです。

 

 

 

大企業だと、逃げ道がある

 

大きな会社のメリット、まだあります。

人数が集まるゆえ、複数の支店や部署があるため、万が一いじめにあったり、どうしても反りの合わない上司がいて、努力で解決できそうにない場合、転勤や異動を願い出る事が可能です。必ず通るとは限りませんが、普段から実績を残していれば、聞いてもらえるかもしれません。

 

また、そういった大きな会社の場合、たいてい「いじめ相談窓口」「ハラスメント対策室」のような所を設けており、利用方法が共有されています。定期的な社内研修なども行っていて、いじめやハラスメントが発生しにくくなっています。

 

まとめ

いかがでしたか? 

 

以上の事から、わたしがオススメする生きやすい職場は、ある程度の規模と忙しさのある職場です。

 

嫌な人、合わない人が全くいない職場というのは、ありえません。

ただ、人間関係だけが理由で、せっかく入った会社を辞めてしまうのは、あまりにももったいなく、またリスクも大きいです。

できる事できない事、許せる事許せない事。

自分が壊れないように、しんどい事とは適度に距離をとり、時には自己主張をして上手く乗り切りましょう。