麻歩の、寝たり食ったり喋ったり(^^)

麻歩の、寝たり食ったり喋ったり

趣味や日々の出来事、思う事などを気ままに発信。仕入れた情報に主観を挟んで発言します。

スポンサーリンク

IT強者って最強だと思う 【ドラマ:パーソンオブインタレストのススメ】ネタバレなし

まえがき

 目の前の相手が何を考えているかわかならい

 

 知りたい。

 

 そんな事ってありませんか?

 

  

 人には色々な顔があります。

 

 笑っているけれど、実は自分の事を恨んでいるかもしれないし、すごく辛い状況にあるかもしれない。

 

 真面目で皆から評価されているけれど、実は人には言えない秘密を抱えた悪い奴かもしれない。

 

 

 気になる相手の携帯電話をペアリングして会話を聞いて状況を探ったり、SNSのアカウントを調べたり、行動を24時間監視したり、嫌な奴の口座に侵入して残高を0にしたり、できるんです。

 

 

 そう、パーソンオブインタレストならね!

 

 

 と、いうわけで、今日は大好きなドラマの話をします。

 上記に書いた事、わたしはする予定もないし、そんな技術もないです。

 

 ネタバレしないよう気をつけて書きますので、視聴済みの方や、あらすじくらいは聞いてもいいという方はお付き合いください。

 

パーソンオブインタレストって、こんなドラマ

ざっくりとした、あらすじ

 列車内で暴れていたところ捕らえられてしまった、主人公のジョン。

 

 普通なら逮捕・勾留されるはずなんだけど、突然現れたハロルド・フィンチによって釈放される。

 

 フィンチはジョンに、自分の所で働かないかと話を持ちかける。

 

 彼はなぜか莫大な資産とIT技術を持っていて、事件に巻き込まれそうな人を事前に察知する事ができる

こんな人たちが活躍します!

 主に、タイプの違うかっこいい大人達が活躍するのですが、登場人物は、それぞれ得意な事が違っていて、ITに強い人、身体能力の高い人、公権力を行使できる人、人脈がすごい人、などがいます。

 

 また、個性豊かなキャラクター達が集まるので、そんな彼らの軽快でユーモラスなやり取りにも注目です。

お話の展開

映画のようなクオリティ

 1話1話が、超大作映画のようなド派手な作りになっていて、観る人を退屈させません。ものすごくお金かかってそう。

 

 成分を5段階の★で表現すると、

 (アクション★★★★★・SF★★★★・恋愛★★)かな。

 

 激しいアクションが伴うので、アクション映画好きな方には絶対おすすめ!

 

 また、アメリカで実際に起きたある事件を元に、こんな世界だったら、とSF的な要素を大量に含んでいます。

 

 恋愛的な要素は少なめなので、家族で見ていて気まずくなるようなシーンはあまりない。(全くないとは言っていない。ここ重要!)

高いストーリー性

 基本的に、最初の方のシーズンは人助けがメインで、基本1話完結です。

 

 1話限りのお話には、毎回対象者となるゲストがキャスティングされているのですが、その毎回のお話もすごく濃くて。

 どんな人物で、どういう生活を送ってきたか、などの人物の人生設定の作りこみが細かいので、毎回心を動かされます。違和感なく本当にそういう人がいるみたいな。

 

 感動的に子どもが活躍する回もあるのですが、個人的には久野美咲さん演じるスパイのあの子がお気に入り。

 

 久野美咲さんは、ミュージカル出身の声優さんで、艦これの高波やItaliaなどでお馴染み。

 

 「リアル子どもボイス」と言われているくらい、可愛らしい声質をされていますが、洋ドラで聞いても全く違和感がなくて、発見した時嬉しくなっちゃいました。

 

 そして、もう1つ良い所。

 

 ご都合主義じゃない事。

 

 ストーリーはシリアスなガチ展開で、必ずしも主人公達に都合の良いようには進みません。

 

 人を助けて、悪い奴をやっつけて、スカッとする事もあれば、後味悪くグサッと来る事や、感動させられる事も。 

 

 最初は人助けの話が中心なのですが、ストーリーは、より大きな問題に発展していき…。

 

 人によって、どの人物の考えに共感するか、意見が分かれそう。

 

 こんな世界だったら、安心ですか?嫌ですか?

 

あとがき

  今後、これ以上面白くてインパクトのあるドラマって出てくるのかなって思うくらい、すごく大好きな作品です。

 

 でも、周りにこの話をすると、タイトルを初めて聞いたという方が多く、面白さの割に、あまり知られていないのかなと思い、仲間を増やすため記事にしました(笑)

 

 知らなかったよーって方は、レンタルでもいいから、是非ぜひ見てほしい~~~!!

 

 ブルーレイを買うと、特典でNGシーンやインタビュー、専門家同士の議論などが見られて楽しいですけどね。

 

 メインキャストの方々が、役に入ってない時を見られたのがとても新鮮でした。

 

 気に入ってくださった方は、ぜひぜひお友達やご家族にも広めてください。 

【ゲーム】艦これ 夏イベ 2017 完走しました~

 艦これ夏イベを、完走しました

 

 すっごいギリギリになってしまいました。

 

 今回のイベントに参加してみての感想を喋ろうと思います。

~目次~

 E1甲

 最初だったので、たいして苦労はなく、試行回数8回でクリアできました。

(荒潮・伊勢・祥鳳・リベッチオ・潮・五十鈴)

 

 対潜値が高い艦で対潜装備をガン積みすれば、いけると思います。

 

 支援は道中のみ。

 

E2甲

 IマスでA勝利すると、新たなルートで1戦少なくなります。

 

 攻略は、

(長門・天城・グラーフ・神通・大潮・霞)を使いました。

 

 低速戦艦を入れると1戦増える、と後からわかったので、長門を霧島に変えたり、加古、古鷹を使ったりしました。

 

E3乙

 ここからなんだか狂い始める…。

 

 甲で攻略していたのですが、先に攻略していた友達から、「輸送がきついぞ」と言われていました。

 

 ちなみに輸送は、

(第一艦隊:三隈・鈴谷・霞・大潮・吹雪・叢雲)

(第二艦隊:神通・初霜・雪風・時津風・加古・古鷹)

 

 別に大丈夫でした。

 

 殲滅作戦では、

(第一艦隊:長門・比叡・三隈・千代田・瑞鳳・加古)

(第二艦隊:神通・鈴谷・古鷹・木曽・雪風・初霜)

 

 ほぼE2の使いまわしですね。

 

 こちらで大変苦戦を強いられまして。

 

 試行回数50回は超えたと思います。(途中から数えるのも嫌になった)

 

 道中大破や、ラストでトドメを刺しきれない状況が続きました。

 

 1日中やっていた日もあって、あまりに時間を取られすぎて、スケジュール的に完走できなり可能性が出てきたため、泣く泣くに。

 

 2週間くらい頑張ったんですけど無理でした。

 

 この時点で、マックス近くあった資源が半分くらいになりました。

E4丙

 大幅な遅れを取り戻すため、ここからはあえて丙で。

 

(第一艦隊:三隈・霧島・加古・サラトガ・瑞鳳・龍驤)

(第二艦隊:神通・初霜・霞・鈴谷・古鷹・雪風)

 

 1本目、は空母機動部隊、2本目は空母をザラに変えて水上部隊に。

 

 効率重視で、ボスマスに基地航空隊を配備。

 

 丙なので、サクサクでした。

E5乙

 通常艦隊だったので、乙で。

 

(ヴェールヌイ・ウォースパイト・イタリア・グラーフ・文月・赤城)

 

 CDがギミックになっています。

 

 こちらもサクッと終わらせました。

 

E6丙

 輸送マス破壊→数回に分けてギミックを解除して、(輸送でH、水上でOKマスをS勝利)、ボス攻略へ。

 

 編成は、輸送作戦が、

(第一艦隊:利根・筑摩・皐月・江風・イタリア・サラトガ)

(第二艦隊:阿武隈・熊野・リベッチオ・霞・ヴェールヌイ・北上)

 

 Hマス編成

(第一艦隊:伊勢・日向・朝霜・大潮・時津風・叢雲)

(第二艦隊:阿武隈・初霜・ヴェールヌイ・時雨・利根・筑摩)

 

O・Kマス編成

(第一艦隊:熊野・」鈴谷・ローマ・利根・筑摩・サラトガ)

(第二艦隊:阿武隈・イタリア・ヴェーヌルイ・初霜・大井・北上)

 

 こちらは丙作戦のため苦労することなく1度で終わりました。

 

 ちなみに本作戦は、

(第一艦隊:鈴谷・イタリア・熊野・ポーラ・ローマ・サラトガ)

(第二艦隊:阿武隈・プリンツ・ヴェールヌイ・初霜・北上・大井)

 

 ほとんど使い回しですね。

 

 丙なので、そこらへんの融通がききます。

 

 準備に時間がかかりましたが、落ち着いて作戦を練ったら突破できました。

E7丙

 そこ、丙提督って言うなぁ~~!☆

 

 今回、本当に難易度高くなかったですか?難しかったですよね?よね?

(第一艦隊:長良・ローマ・サラトガ・天城・葛城・飛龍)

(第二艦隊・夕張・北上・大井・イタリア・リベッチオ・時雨)

 

 最初の方はこれで行ってたんですけど、ラストの方がきつくてトドメがさせなかったので、省エネ艦隊だったんですけど少し変えました。

 

f:id:mahousagi:20170910141715p:plain

 

 3日くらいかかった。

 

 終の了☆

レア艦娘ドロップ

 これを書いている時点でですが、阿賀野・Roma・天津風・天霧と迎合しました。

 全て初になります。

 

 素直に嬉しいです。

あとがき

 今回は、本当にボリュームがある、かつ高難易度の作戦が多く、かなり苦戦しました。

 

 わたし、司令部レベル106で、使用している艦娘はほんとんど練度90オーバーなんですけど、それでも攻撃が当たらなかったり、道中大破続出ですからねー。

 

 残りの資源や時間と相談して、無理のない難易度を選ぶ方がストレスフリーで時間の余裕も生まれるので、難関辛苦を求める人以外は易しい選択をするのがオススメ。

 

 また、支援ですが、道中・決戦ともケチらずキラ付けしたりしながら全力で行くのがオススメ結果的に道中大破率が下がって、少ない出撃回数で済みます

 

 また、E7ですが、支援艦隊以外に、基地航空隊は3つ全てボスマスに集中させないと突破はかなり厳しいです。

 

 行動半径(距離)が足りなくて届かない問題ですが、陸攻・二式大艇そんなにないよ~って方は、PBY-5A Catalina(カタリナ)でも代用できました

 

 あとイベント終了までわずかですが、ルイージ掘りに行ってきます。

トイレ5分は短すぎっ!もっと女性に優しくしてよ~~

 先日長距離バスに乗った時の事。

 

 乗車時間は5時間以上なんだけど、車内にトイレがない。

 

 わたしは結構回数が多い方なので、嫌な予感はした。

 乗った瞬間に、ハズレだと思った。

 

 結局、そのバスは5分のトイレ休憩が2回しか設定されていなかった。

 

 今日は、実際にあった出来事と思う事を、思いつくままに書いてみた。

 

~目次~

トイレに行けない恐怖

 用事があって、長距離バスに乗ったんだけど、バスが来た瞬間に、トイレがない事に気づいて、あちゃ~と思った。

 

 あと、何時間トイレに行けないんだろう…。

 

 乗車した時点では大丈夫だったけど、次にいつトイレに行けるのかと思うと恐怖でたまらなくなる。

 

 こうなる可能性はあった。

 

 予約の際に、トイレがない場合もございます、と事前に言われていたからだ。

 

 選べたらよかったのだけど、他に選択肢がなかったので、そのバスに乗るしか道はなかった。

 

 トイレ休憩はいつなのだろうと不安に思いながら乗っていると、乗車1時間でトイレに行きたくなってしまった。

長時間トイレに行けない事が予測できる際の予防策

 こんな風に書くと、

 

「どうぜお前が、出発前にコーヒーか紅茶をがぶ飲みしたんだろ?」

とか、

「ハハッ。お前がおかしいよ。オムツでも使えば?」

と言ってくる人いる。(実際言われた)

 

 オムツの件で言ってきた人に聞きたいけのだけど、普段オムツを使わないで生活している人が、果たして、緊急時だからと言って、至近距離に他人がいる所で用を足せるのだろうか?そして次の休憩まで、その状態でいられるのだろうか

 

 解決できない苦しみと戦うのがとてつもなく嫌なので、わたしは長時間トイレに行くことが許されない可能性がある日は、食事を最小限にし、カフェインは取らない。どうしても喉がカラカラに枯れてしまった時に、水を一口含む程度にしている。

 

 数時間に及ぶ試験とか、途中退室できないイベント等はこれで対処している。

 

 ただ、これもやりすぎると危険で、トイレの事で他人からとやかく言われたり、行きたいのに行けない状況に陥る事が嫌で、水分を取るのを我慢していたら、体内の悪い老廃物が外に出ない事で臓器に悪影響がでて、病気になってしまった事がある

 

 だから本来であれば、水分をたっぷり取って、1時間に1回くらい、好きな時にトイレに行ければ何の問題もないのだが、(毎時間行くわけではないよ)中にはほとんどトイレに行かなくても平気な方もいるようで…。

 

今回乗ったバスは、そういう方に合わせて運行しているようなバスだった。

どうしても我慢できなくなった時は?

 1時間くらい我慢して、我慢するのが辛くなってきたので、そ~っと席を立って、運転手さんに、

「次のトイレ休憩は何分後ですか?」

と聞いてみた。

 

すると、

「えっ!?あと1時間はないよ!」

と言われた。

 

 目の前が真っ暗になった。

 

 そんなわたしの空気を察したのか、

緊急停車しますから、あと30分待ってください」

と運転手さん。

 

それから走る事30分。

「ただ今から、予定を変更して、5分間のトイレ休憩を設けます。緊急停車しますので、ご利用の方はどうぞ」

と、車内アナウンス。

 

 緊急って、急病人みたいでオオゴトっぽいんですけど。

 

 そして、わたしが話しかけてからアナウンスしたから、タイミング的にわたしがトイレ行きたくて全員に迷惑をかけたって宣伝してるようなものじゃないか~~~(><)

 

 運転手さんの対応は、適切だったと思います。

 

 幸いお前のせいで到着時刻が遅れるだろプンスカ、と言ってくる人はいなかったけど、着くまでの30分、泣きたいくらい体の一部が苦しく、そしてすごく恥ずかしかったです。

 

 巡回型のバスに、次の停留所で降りたい人のための押しボタンあるじゃないですか。

 

 ああいう形で、そろそろトイレに行きたい人がこっそり押す押しボタンとか、あったら恥ずかしさが半減すると思うんですけど、ダメですかね?

涙をこらえている人のイラスト(女性)

 あと、この状況になってわかった事ですが、わたしのようにやむを得ず緊急停車をお願いする場合、運転手さんが一番近い休憩所を探してくれるので、苦しいと感じるよりだいぶ早めに伝えた方がいいです。

お願いです、あと5分、お慈悲を

 緊急停車でドライブインに着いた時、乗客の3分の1くらいの方がわたしと一緒に降車したんですよ。しかも全員女性!

 

 これって、限界ってほどではないけど、実は行きたかった方々だと思うんですね。

 

 ですから、1時間に1回とまでは申しません。トイレを搭載しないなら、せめて、1時間半に1回くらい、休憩時間を設けて欲しいのです。

 

 女性はトイレに時間がかかる、とよく言われますが、そもそも体の構造と身に着けているものが男性と違うのですよ。男性なら、5分あれば十分なのかもわかりません。でも、女性はそれが難しいんです。

 

 個室で着替えをしたり化粧直しをしているようなマナー違反をする人は論外です。

 

 でも、必要最小限の事だけしていても、女性は身に着けているものの数が多く、それら装備品の着脱、女性特有の体調不良の時期がありますね?この時期にかぶっていたら、それらの処置と工程が増えます

 

 だから、「時間がかかる→並ぶ」で、ダッシュしてもすぐに作業に取り掛かれるわけではないんです。

 

 また、体の構造的に、男性より体内に余計な水分を溜めておけませんので回数も増えてしまいます。

 

 この、「5分」という過酷なスケジュールで出発時間に遅れないように戻らなければいけなかったので、猛ダッシュです。

 

 ちなみに、その30分後に本来あるはずだった本・トイレ休憩があったのですが、そこでの休憩も5分。

 

 短すぎです。

 

 道中お腹がすいたのですが、おにぎり1つ、買えませんでした。

もう5分あると違う

 驚いたのが、このバス、往復でチケットを買ったのですが、帰りのバスは、なぜか同じ運行元なのに、トイレ休憩が途中3回、1回15分あって、時間前でも全員そろったら出発、というスタイルでした。

 

 行きと帰りで走っている道が違うのか、それとも運転手さんの裁量に任せているのか、謎…。

 

 でも、この帰りのバス、行きと同じでトイレは付いていませんでしたが、途中我慢できなくなるほど苦しくなる事もなく、時間の余裕があったので、お菓子を買い食いする事ができました。

 

 たった5分の差で、心の余裕が生まれて不快指数がだいぶ下がるので、全国のバス会社さん、女性にもう5分だけ猶予をください

 

 そして男性のみなさん、多く待たされて不快かもわかりません。

 

 ですが、長スギィ、多スギィと数字的な所は一切触れず、快く送り出していただけると大変助かりますので、どうぞよろしくお願い致します。

【ゲーム】エクシリア2周したので、感想を書いてみる

 先日、テイルズオブエクシリアをクリアする事ができたので、全体の感想をざっくりと書いてみようと思います。

 

 本作品は、シリーズ15周年記念に作られた名作になります。

 

 大きなネタバレは書いていませんが、あらすじを含む感想を、2周済みの視点で書いていますので、事前情報を入れたくない方は注意です。

~目次~

 

システム面

マップ

 マップはグラフィックが綺麗で、結構広め。

 移動に時間がかかりそうですが、途中から、一度行った所へはショートカットですぐに移動できるので、とっても便利。(シナリオによる一部制限あり)

 

 ただ、マップが広すぎて、戦闘を容易に避けれてしまうので、この点は少し問題だなぁと思いました。

戦闘

 とにかく爽快感あり、テンポが良くて楽しいです。

 進めていくうちに、連携できる術技も増えていきます。

 

 たくさんTPを使ってしまっても、アイテムや料理などで効率よく回復すれば、あまり困りません。

 

 ただ、難易度設定がどうかと思いました。

 だって、「ノーマル」が全然ノーマルじゃなかったです!

 

  ジャオ強すぎ!アグリア様強すぎ!

 

 ボス敵が回復を使用したり、秘奥義(超技みたいなもの)をバンバン使ってきて、立ち居地が悪ければ即全滅もありえます。

 

 1週目は泣く泣く難易度を下げたりもしました。

  

 ちなみにわたしが一番始めに詰まったボス戦はジャオでした。

シナリオ

 文句なしに良かったです。

 

 国を良くしようとする人、世界を守ろうとする人、発展の犠牲になったものたち…。

 

 それぞれが戦う理由、譲らない理由が明確で、それぞれの正義がぶつかり合う物語でした。

 

 食料を冷凍保存し、生活を便利にするために人工的に作られたフロンガスが、知らぬ間にオゾン層を破壊していた話を思い出しました。 

 

 ちなみに、世界最古の冷凍技術が発見されたのはイタリアです。

やりこみ要素

 個人的には、ショップビルドが楽しかったです。

 

 素材を集めて納品すると、ポイントに応じてお店のランクが上がっていくのですが、その辺に落ちている素材も全て、ショップの材料になり得るので、1つ1つの行動に意味が出てきますし、そうやって強い装備が変えたり、よく使うアイテムを安く買えるようになっていくのは楽しかったです。

 

 料理も、1戦闘ごとに効果が発揮されるので、どれをどのタイミングで食べようか、旅立つ前にいくつ買おうかなど、考えながら進めました。

 

 レベルが高い方が戦闘で有利なのは間違いないので、サイダー飯など、経験値が増えるような料理を食べまくるのがオススメです。

 

 それから、忘れてはならないサブイベントも。

 

 クリアしなくても進行上は問題ありませんが、通常課金しないと買えないアタッチメントなどがもらえます。

 

 期間限定のものもあったりするのでご注意を

 

これからプレイする方へ

 いろいろなレビューで散々言われている事ですが、1週目はジュードでプレイした方がいいよ、という事です。

 

 2周目もプレイしたから言える事なのですが、ミラ編からプレイすると、ジュード編をやっていないと見ていない重要なイベントが結構あるので、話が飛んでいてわけがわからなかっただろうな、と。

 

 あと、魔装備は計画的に動かないと、取りにいけなくなるよ、(シナリオ的に)という事です。 

2周目やってみての感想

経験値5倍で快適モード

 1週目で、一部のボス戦で苦戦を強いられた、と書きました。

 

 で、それって戦闘を避ける事が多かったからだと思うんですよ。(レベル不足)

 

 2周目の引継ぎで、どれを選ぶか、ポイントとにらめっこして、よーく考えて、レベル引継ぎやアイテム引継ぎなどを捨て、5倍モードに振りました。

 

 そしたら…戦闘超・超・超快適!

 

 サクサクレベルが上がりますし、強いボスでもゲームオーバーになる事がなくなりました

 

 また、道中の戦闘時間も少なくて済むので、2周目って、ストーリー知っているし、ダレるかなぁとも思ったのですが、早いペースで、新鮮な気持ちで思い出しながら遊ぶ事ができました。

 

 どこに振るか、結構悩まれると思うのですが、わたしは獲得経験値5倍を超オススメします。 

キャラクター(ネタバレ注意)

 クリアして思った事ですが、嫌いなキャラがいない、という事がわかりました。

 

 それぞれタイプの違う人物が集まっていて、パーティーメンバー以外の脇役や敵役、ストーリーのキーとなる人物も、魅力的で、無駄な人物がいなかった。

ジュード(CV:代永翼)

 この物語の主人公。優秀な医学生。武術の心得もある。極度のおせっかいで、お人好し

 

 他人に合わせすぎる傾向から、トラブルに巻き込まれたり、自分の事を自分で決められなかったりする面も。

 

 ただ、ミラと出会って旅するうちに、一番成長したのは彼じゃないかなぁと思いました。

ミラ(CV:沢城みゆき)

 精霊の主マクスウェルとして生きてきた、もう1人の主人公。

 

 使命のためなら命がけ。強い意志と行動力を持った女性です。

 

 四大を駆使して生きてきたため、出会った最初の頃は、暑さや寒さ、空腹といった人間が本来もっている感覚がなく、恐怖を感じないなど、人間の常識が通じず共感性に乏しく、周りを驚かせることも

 

 でも、本当は可愛い所もある、この物語になくてはならない、女性です。

アルヴィン(CV:杉田智和)

 彼が動くと何かが起こる…

 

 テイルズ史上最大のクズと言われることも。

 

 でもわたしは好きです。本当はイイ人だし、あの飄々とした感じが、杉田さんのボイスとぴったりだし。

 

 普段は軽い感じの振る舞いだけれど、仲間に対して渇望する弱い部分や、冷静で「遊ぶなら掛けるな、掛けるなら遊ぶな」など、ドキっとさせられるような名言も。

レイア(CV:早水沙織)

 ジュード大好き!な子だから、突然現れたミラに食ってかかるどころか、体調を心配するなど、本当に心優しい女の子。友達になるなら絶対レイア!

 

 そんな、誰に対しても平等で、まっすぐな優しさを向ける彼女だから、アグリアと衝突してしまったんだなぁと思いました。

 

 エンディングでレイアはある決断をするのですが、その前段階、ローエンに相談したりする所を、2周目のミラ編で見る事ができます。

エリーゼ(CV:堀中優希)

 この物語で一番可愛くて、実は一番腹黒いんじゃないかと思えてしまう彼女。これ、知っている人ならきっと共感してくれるはず。

 

 2周目をしたので、わたしはそれが面白くて仕方なかった。

ローエン(CV:麦人)

 みんなの頼れる相談役でナイスミドルな紳士。素敵なおじいちゃん。

 シャール家の執事をしているけれど、実はとってもすごい人。

 

 ミラ編で、彼が仲間の事をどう思っているかを聞く事ができます。

あとがき

 すごくいいゲームで、総じて楽しかったです。

 

 キャラクターが好きなので、結構課金して衣装を買っちゃいました。(主に学園シリーズ)

 始めたのが遅すぎて、まどマギ衣装を買えなかったのがプチ後悔。

 

 物語の続きが気になるので、わたしはこれから、エクシリア2の世界へと旅立ちます。

 

 ベスト版もありますので、気になった方は、ぜひリーゼ・マクシアに出かけてみてくださいね。

 

免許ハラスメントって?車を持たない生活のススメ

 突然ですが、みなさんは、車の免許を持っていらっしゃいますか?

 

 わたしは、持っていません。

 

 自分の城を持つ人に憧れて、取りたいと思っていた時期もあったのですが、色々考えて取らない事に決めました。

 

 今日は、気になるニュースがあったので、それを元に、わたしなりの考えをお話しようかなと思います。

f:id:mahousagi:20170826182038p:plain

~目次~

 そもそも、免許ハラスメントって?

 まずは、こちらの記事をご覧ください。

www.news-postseven.com

 免許取得にかかる費用や維持費を考えて、免許を取らないライフスタイルを選択をした男性会社員Aさん。

 そんなコスパ重視、堅実志向のAさんだが、「免許を持っていない」というだけで、露骨に怪訝な顔をされたり、嫌がらせのような“被害”にあう場面もあるというのだ。

 (引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20170820_606220.html

  おわかりいただけましたか?

 

 次に、具体的にどのような事を言われるのかを見ていきます。

 免許の事で言われるのは、男性だから?

「特に50代くらいのバブル世代の男性に、免許がないことを知られると大変なんです。『それでも男か?』『車は男のロマンだ』『それじゃ女の子にはモテない』『俺らの時代は車でよくデートしたもんだ。ナンパもしたな』など、やたら車と“男たるもの”とか、女性を関連付けて話をしてくる。

 

 (引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20170820_606220.html

  と、いうのが免ハラ世代の言い分みたいです。

 

 ここだけ読むと、Aさんが男性である事を強調して言われている印象を受けますが、車持ちでない事をいい事に叩かれるのは、Aさんが男性だからでしょうか?

 

 答えはノーです。

 

 筆者は女性ですが、主にバブル世代の女性から、

「いまどき免許がないって、社会人失格よ」「将来子どもができたらどうするの?」「そんなんじゃ子ども育てられないよ」「どこのお嬢様よ」

などなと、言いたい放題余計なお世話です。

 

 社会に出ると、男性の敵は男性、女性の敵は女性…なのかもしれないっぽい?

免許を持たない暮らし

 次に、実際に免許をもたない暮らしがどんなか、を語ります。

就職編

「車がないと就職できないよ?」と免ハラクラスタは口々に言いますが、結論、就職は……できます!

 

 これは、職種にもよると思いますが、営業職やドライバーなど、免許を持っていないとお話にならない、立候補できないような職種を選ばない限りは大丈夫です。

 

 免許を持っていない事で、不快な事を言われる事は時々ありますが、一部の人だけですし、それが理由で採用に不利になった事は一度もありません。なんとか食えています。

 

 確かに、募集要項に『要普免』と書いてある所は多いですし、そういった所だと、受ける事すらできませんので、選択肢は少なくなったように思えます。

 

 ただ、本当に車が好きだったり、車を使う職業を目指している方は、そもそも免許を取るか取らないかで悩まないと思うのです。

 

 個人的な意見ですが、ないよりはあった方がいい、程度の動機でしたらコスパが悪いのでいらないと思います。

生活編

「買い物とか、大きな荷物とか、困るよ?」これもよく言われるやつ。

 

 結論、…大丈夫!

 

 今の時代、インターネットでたいていの物は手に入りますし、歩いて運ぶのが難しいもの、重いものが苦手な方も、大丈夫。お金を払って、運んでもらいましょう!

 

 地方で公共機関がないとか、車がないと仕事にも行けないとかでなければ、無理をして車を持つ必要はないかな、と思います。

お金編

 大きいのがここ、お金の部分だと思います。

 

 キャッシュで買える一握りの方以外はローンを組むことになりますね。

 

 車を1台所有するだけで、車本体の価格、利息、ガソリン代や保険料、車検代、賃貸なら駐車料金などもかかって、これらは車を保有する際に避けては通れません

 

 車を1台買って保有するより、都度タクシーに乗った方が場合によっては安上がりなんじゃないか?というデータもあります。

 

trendy.nikkeibp.co.jp

時間編

 あと、わたしが強調したいのが、ここ。

 

 郊外に家を買って、車通勤したり、定期代を払うよりも、街中に家を借りて、徒歩や自転車で移動した方がコスパがいいんじゃないか、という事。

 

 実際わたしはそうやって生活していますが、とても快適です。

 

 朝の通勤ラッシュに巻き込まれなくて済みますし、急な悪天候でも遅刻・欠勤せずに行動できます。

 

 あと、移動が数十分で済むので、自分の時間が確保しやすい事と、少しだけですが運動になっている気がします。

 

 土砂降りの日などは、朝から嫌な気持ちになりますけれども。

ライフスタイルは、人それぞれ

 色々書きましたが、ライフスタイルは人それぞれ。

 

 どこに住もうが、何を選択しようが、その人の自由です。

 

 一番良くないのは、自分と違う生き方をしている人のライフスタイルに口出しするKYな人だと思います。

 

「今時免許も持ってないなんて…」と言ってくる人は、あなたが車のローンや駐車料金を払えなくなっても、決して助けてはくれません

 そんな、どうでもいい他人に振り回されるのは、人生の無駄遣いなので、やめちゃいましょう。

 

 なんでもかんでもハラスメント!と言うのもどうかと思いますが、わたしが感じていた不快感や違和感は、紛れもなくこれだったんだなぁ、と妙に腑に落ちたニュースでした。

追記

 車の免許がないと身分証がなくて困るよ!という方のために、普通自動車免許より、パスポートよりコスパ最強の、住基カードがあるよ!というお話をしようと思ったんです。

 

 そしたらね…

総務省|マイナンバー制度とマイナンバーカード|住基カードをお持ちの方へ

 

平成28年1月からマイナンバーカードが発行されることに伴い、住基カードの発行は平成27年12月で終了します。

 (引用元:

http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/05.html

 なんと終了してました!

 

 マイナンバーカードは、身分証としては認められないケースもあるみたいなので、車の免許がない方は、パスポートや、一部の国家資格の免許が身分証として使えるので、そちらで対応するのがよさそうです。

留学生に感動した話

 わたしは語学を勉強していますが、日本育ちではないのに、数ある言語の中から「日本語」を選択する外国人の方はすごいな、と思うんです。

 

 だって、日本語って、初見で面倒でとっつきにくいと思うんですよ。

 

 英語やロマンス系の言語なら、A~Zまでのアルファベット26文字が基本になっているのに対し、日本語はひらがな50音から始まって、カタカナ、漢字もあって、それらは組み合わせによって読み方が変わってしまう。

 

 本をたくさん読んできたので、言葉はそれなりに知っている方だとは思うけれど、たぶん、わたしが読めないというか見た事がない、または知らないまま一生を終えそうな漢字がたくさんあると思います。

 

 物の数を数える時も、日本語だと、1個、2冊、3柵、4本など、名詞によって単位が変わりますよね。

 

 しかも、ただでさえとっつきにくいのに、頑張って覚えても世界中で通じるわけではなくて。

 

 今日は、日本語を学ぶ事に決めた、ある留学生とのお話をします。

 帰国子女のイラスト(男性)

~目次~

 N君との出会い

 友達とご飯を食べていた時の事。

 

 日本在住ベテランのSさんが、留学生のN君を紹介してきた。

 

「この子、後輩みたいなもんだから、仲良くしてあげてー」

 

 N君は、短期留学で日本に来たばかりの若い男の子。

 

「ニホンゴ、オシエテー」

 

 カタコトの日本語では話しかけてきてくれたN君に感動し、わたし達は、一緒にご飯を食べることに。

言葉を覚えるという事

 わたしも人の事は言えないのですが、一緒にいた友人Yは、かなりの毒舌

 

 それに加えて、テレビなら確実に、ピーッって入りそうな言葉を平気で伏せずに喋る(笑)

 

 とにかく、日本語を覚えたいというN君。

 

 そこでわたしが、友人Yに、

「Yは、これからNHKのアナウンサーみないた言葉遣いで話さないとダメだよ?責任重大だよ。綺麗な日本語を教えてね」

と釘を刺した。

 

 一生懸命に日本語を覚えようとしている外国人に、あまりよろしくない言葉を教えて笑うような人たちが許せなかったのだ。

 Yはそういうタイプではないけれど、せっかくならN君には綺麗な日本語を覚えて帰ってもらいたかったのだ。

 

 Yが、ハイハイ、と空返事をしていたら、すかさずN君が、

 

「違うのー!教科書の言葉も、ニュースの言葉も、ワカモノの言葉も全部覚えたいから、普通にシャベッテー!」

 

 おおー!

 

 雷に打たれたような気持ちに。

 

 わたしがN君にしようとしていた気遣いは不要だったのだ。

 

 わたしが、「留学生だから」と配慮しようとした事は、N君には必要なくて、N君が求めていたのは、日常で通用する自然な日本語だったのだ。

 

「そっかそっか。そうだよね。そうだよね!ごめんね」

 

 わたしはN君に謝った。

 自然と申し訳ない気持ちになったのだ。

 

 そこからわたしたちは、普通に話す事にした。

しばし歓談

 N君は、色々な事を話してくれた。

 

 家族の事、祖国の事。将来の夢。

 

 日本に来たのも夢を叶えるためで、N君が就きたい仕事は、3ヶ国語以上話せると、採用時に有利になるんだって。

 

 英語とフランス語ができるから、あともう1つ覚えたくて、興味のある日本に来てみた、と言っていました。トリリンガル、すごい!

 

 ちなみに、楽しい会話が長時間成立していたのは、わたしの英語力が高いから、ではなくて、N君の語学力が高いから。ほとんど日本語だったし。

 

 日本に来る前に、現地の日本語学校にも通っていたそうで、もう、日本語話せるって言い切っちゃっていいんじゃないかなと思うくらい話せてました。地頭がいいんだろうな。

 

 ちなみに、どうしてもお互いに通じない部分が出てきた時は、英語とジェスチャーを交えて、こういう事?と質問してみたり、グーグル翻訳に打ち込んで見せたりとか、表現の手法を伝わるまで変えてみると通じました。

 

 いい時代になりましたね。

主張できる事の強さ

 N君のように、母国語が当たり前に通じない土俵で、自分の意見を主張できるって、すごく強みだな、と思いました

 

 もしN君が主張してくれなかったら、こんな風に自然な会話で楽しい時間を過ごす事はできなかっただろうなぁ。

 

 わたしたちが思っている留学生と、日本語を学びたいと思っている外国人では、求めているものが違うのかもしれませんね。

 

 わたし自信も、すごく勉強になりました。

おすすめ本の紹介

 ここでいきなり、おすすめ本を紹介します。

 

 筆者は東大の院卒で、日本の大学で教鞭を執られている有名な先生なのですが、こちらの本に、今回の件と似たエピソードが出てくるんです。

 

 学生向けに、イタリア語のスラング講座を冗談半分で開講して、人が集まらなかったらどうしようと思っていたら、思いのほかリピータ続出の大人気講座になってしまった、というお話。

 

 対人で使う事はないし、使ったらいけないけれど、だからこそ知りたいし、覚えておきたいと思う日本人が多かったんでしょうね。

 

 こちらの本は、全編通して楽しく勉強になるコラム満載なので、オススメです。

 わたしも何度も読んでいるお気に入りの1冊です。

あとがき

  あとからSさんが教えてくれたのですが、N君はかなりいい所の方だったみたいです。

 携帯で、おうちの写真を見せてもらっていたので、なんとなくそんな感じはしていましたが。

 

 日本人は日本語しか話せない人が多いけれど、彼のような優秀な人材が、世界には五万といるんだろうなぁ、と。

 

 というのも、結構語学を通して知り合う方って、専門分野以外に当たり前のようにバイリンガルだったり、優秀な方が多いんですよね。

 

 家族のために頑張りたいというN君の夢、叶うといいね。

 ていうか、絶対叶うと思う。だってこんなに意識が高くて優秀だもん。

 

 わたしも頑張るぞー!

パワハラやマウンティングによって失われるもの

 一般的には、お盆休みが終わって、今日からが仕事始め、という方が多いらしい。

 

 そこで、休み明けに聞かれがちな、「お盆休みは何してた?」という質問で、すごく神経をすり減らしたので、今日はその話をしようと思う。

 

~目次~

警戒すべき人たち

  「お盆休み何してた?」は、この時期よく聞かれがち。

 

 わたしも、普通の関係の人になら、本当の事を答えるし、別に抵抗もない。

 

 でも、過去に自分に対し、パワハラやマウンティングをしてきた人に聞かれた場合。

 

 困る。

 

 すごーく困る。

 

「家族で海外へ…」とか、「軽井沢の別荘へ…」とか言ったら、確実に標的にされて叩かれるんだろうなぁという事は予想できる。

 

 きっとキラキラ感なんか一切ない、地味で根暗でジメジメした答えを期待しているんだろうなぁと推測する。

f:id:mahousagi:20170817194815p:plain

すごく、回答に困る。

警戒すべき理由

 普通の関係の人なら、何も気兼ねせず喋れるのだけど、こういった人たちは、こちらが納得できない理由で標的にしたり、やっかんで攻撃してくる部分が問題なので、わたしは、一度、あっ!この人地雷…と思ったら、以後距離を取って、あまりプライベートな話をしないようにしている。

 

 だから、この手の人たちが攻撃理由を探して質問しているんじゃないか?回答を値踏みするんじゃないか?といった恐怖が襲ってくる。考えすぎ?

パワハラやマウンティングが人間関係に及ぼす影響

 以上の事からわたしが至った結論。

 

 理不尽なパワハラやマウンティングは、人間の信頼関係を完璧に破壊する。

 

 仲の良い友達や、ずっと付き合っていきたい人たちの事を思い浮かべてほしい。

 

 好きな人と会う時、何か嫌な事を言われないかと警戒しながら会いに行くだろうか?

 

 時には衝突する事もあるかもしれないが、基本的に会ったら絶対楽しいだろうと確信して、予定を調整したり、時間をかけて準備をしたりしていると思う

 

 自己中心的な八つ当たりを受けると、攻撃された側は以後警戒して、無邪気に振舞えなくなる。

 

 結果、これを言ったらどうなるだろう、何をされるだろうと後先考えてしまって、思うような行動が取れなくなってしまうのだ。

わたしの出した逃げ回答

 あまり介入して欲しくない相手に、

「麻歩さんはお盆休みは何をしていたの?実家に帰ったの?」などと聞かれて困ってしまった。

 

 相手は「自分はセレブなお嬢様!私が一番!」という人だったので、旅行やレジャー系のキラキラした事は言わない方がいいだろうと考えた。

 

 実家に帰ったは無難だけど、お土産クレクレ、手ぶらとはどういう事じゃうぉりゃぁぁ!って言われそうだったので、回避。考えすぎ?

 

 でも、ATフィールド全開で、「別に…」とか「何も…」とだけ言っても感じが悪いし、どうしようかな~と考えて、こう答えた。

 

「体調崩して寝ていました。アハハ…」

 

 苦肉の策。

 

 自己管理が悪い!とか言われるかなぁと思ったけど、意外や意外。相手は満足してくれたようで、それ以降何も言われなかったです。ふぅ~。

連休中の本当の過ごし方

 嫌な奴にはあぁ行ったけど、実際わたしは元気でした。

 

 何をしていたかと言うと、ほぼ家でゲームしてましたね。

 

 攻略中のゲームと、参加しているゲームのイベントが複数重なったので、同時進行で攻略していました。

 

 異世界に行ったり、仲間とともに戦ったり、メロディーを奏でたり。移動距離は負けないよ。

 

 うん、ある意味リアルが充実していました。長時間プレイで目が疲れたりはしたけどね。

あとがき

 素直に物事を話せないって、嫌ですね。

 

 わたしは、面倒な相手には、自分のプライベートな事は可能な限り話さないようにしているので、わたしがゲーム好きなのも相手はたぶん知らないはずです。

 

「ずっとゲームしてて…」と言うと、さして興味もないのに、「それは何のゲーム?面白いの?どんな話なの??」などと突っ込まれて人前で万人受けしない話をさせられる公開処刑場と化すのが予想できるから嫌なんですよ。

 

 趣味の話は、本当に興味のある人か、わかる人同士でしたいですしね。

 

 あと、「お盆休みは~」というくだり、これちょっと危険で、みんながみんな、お盆期間は連休というわけではないので、人によっては、嫌味とか、煽られた、と捉えられるから、ちょっと注意が必要です。

 

 同様に「ボーナス何に使った?」とか、「今年の連休はどこに旅行に行った?」とかも危険です。

 

 同じような生活環境の人や、すごく親しくて付き合いが長い人とかならいいとは思いますけれども。

 

 でも、よく考えても休日は近所のスーパーやコンビニくらいしか行ってないので、お金持ちになって旅行に行きたいです。

 

 海外も、実は行った事が一度もないので、行ってみたい。

 

 しばらく行けそうにないので、人様の報告を聞いて楽しんでいます。

 

 もしどこか素敵な場所に行く事があったら、ブログのネタにして発信したいと思います。