麻歩の、寝たり食ったり喋ったり(^^)

麻歩の、寝たり食ったり喋ったり

趣味や日々の出来事、思う事などを気ままに発信。仕入れた情報に主観を挟んで発言します。

スポンサーリンク

宅建登録実務講習ってどんな感じ?申し込みから授業、合格までを書いてみる

 宅地建物取引士(以下宅建)試験を受験された方、お疲れ様でした。

 

 本記事は、実務経験が2年未満なために、資格登録要件を満たせず、取引士証の申請ができない方の救済措置にあたる、宅建登録実務講習に関するレポートです。

 

 これから受験する方、宅建資格に興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

~目次~

 合格者の方へ

 まずは、試験合格おめでとうございます

 

 長きにわたる勉強、試験までのプレッシャーなど、さぞお辛かったと思います。

 

 これから実務者講習を受ける方の安心材料になればいいなと思い、この記事を作成致しました。 

希望の日程への申し込み

 まずは日程の確保から。

 

 職場や自身のご予定と相談され、最もベストな日程を最速で選択すべしです。

 

 知識が定着しているうちに受けた方が楽ですので、できるだけ早い日程がいいですが、同じように考える人が多いため、早い日程からあっという間に埋まっていきます

 

 ですので、この日!と決めたらすぐに申し込んで、日程の確保をする事をおすすめ致します。

 

 また、実務講習の授業は結構長いです。(まる1日)

 

 それに加え、最終日の試験合格のために、帰宅後も勉強しなくてはいけません。

 

 ですので、お仕事をされている方は、眠気・体調不良対策のために、授業前日から試験当日までは、一切仕事の予定を入れず、有休を取るなどして、休みにしてしまった方がいいです。

 

 いかなる理由があっても、遅刻・早退・途中退席などが許されません

(国家資格のため決まりが厳しめになっています。具体的には最終日の修了試験を受ける権利が失効します)

 

 職場の理解が得られない場合は、安くはないお金や時間を無駄にしないために、多少の嘘をつくなどして、職場からの問い合わせの電話・メール等も一切受け付けない事を宣言しておいた方が無難です。

自宅学習で、できる事

 無事申し込みが済むと、予定された日に教材が届きます

 

 結構分厚くて、量が多く見えるから、驚かれる方が多いんじゃないかなと思います。

 

 授業までの時間は、約1ヶ月

 

 それまでの間に、教材を読み、講義動画を必ず視聴しておきましょう。

 

 全く自宅学習をしなかった、なぁんて強者も中にはいますが、修了試験の半分は、この自宅学習が効いてくるため、毎日20分ずつなど、できる時に時間を取って集中してやる事をオススメします。

 

 また、テキストが分厚いのに、授業の日数が少ないため、実際の授業では、結構早いペースで本を進めるため、全く知らないで聞いているのと、家でやって覚えているのを聞いているのでは、記憶の定着や心の落ち着きが全然違います

 

 余裕を持って受講するために、予習は必ずやりましょう。 

授業中にトイレは行ける?遅刻・離籍は厳禁だよ!

 遅刻厳禁に加えて、途中退席も不可なんですよね。

 

 実はわたし、これがすごいプレッシャーで…。

 

 だって、1分1秒でも遅れたらアウツだよ、と何度も念押しされましたから、もし途中でトイレに行きたくなったら、次の休憩まで我慢するしか選択肢はないわけで。

 

 だから、初日は朝4時に起きて、食事や水分をほとんど取らず、トイレに行きたくならないよう、警戒態勢でいました。

 

 

 …が、安心してください。

 

 トイレ休憩は…あります!

 

 

 わたしが受講したところでは、だいたい1時間に1度くらい、本の進みのちょうどよいところで、一度に15分~20分くらいの小休止(混雑しても焦らなくてもよい配所された時間)がありました

 

 お昼の食事休憩も、1時間ほどありまして、食べた後ってみなさん、トイレに行きたくなりますよね?

 

 安心してください

 

 お昼の後も、少し早めに講師の方が小休止入れてくださいました

 

 ですので、眠気対策にコーヒーを飲んでも大丈夫!のどが詰まるのを我慢して、お茶を飲むのを控えなくても大丈夫!

 

 2日目からは、普通の時間に起きて、普通に食事や水分補給ができたので快適でした。

 

 ですから、何か心配事がある方は、申し込み時に受講先の受付で聞いておくと良いんじゃないかな、と思います。

実際の教室での授業って、どうだった?

 先ほど書いた事と重複した内容になりますが、本がぶ厚いのにプラスして、予定日数で講義を終わらせるために詰め込みますので、進むペースとしては、速いです。

あると便利なグッズ

 講義では複数の本、資料を行ったりきたりします。

 

 Aの本を見ながら、資料を埋めて、次にBの本を見てください、という感じで進んでいきます。

 

 本を開いたまま、情報を読み取って書く、という作業が非常に多いため、こういうのがあると便利。

 

 本立て

 

 頻繁にページ移動しない方の本をここに置くと、首が疲れないですし、机の上にスペースができるので、オススメ。

 

 

 あと、これ。

 

 

 付箋です。

 

 何に使うかと言うと、先生が、「ここは試験に出ますよー」って、教えてくれたページに、ぺったんぺったん貼っていくんです。

 

 修了試験では、テキスト持ち込み可ですから、その時にパッと開けるように、付箋を貼るんです。

 

 中には付箋を使わずテキストを直接折る方もいらっしゃいますが、お好みで。

 

 あと、これは絶対使います。

 言われなくてもわかる、蛍光ペンですね。 

 

 先ほどの付箋と同じ理由で、試験に出ると教えられた部分にバンバン引いていきます。

 

 ひとつアドバイスさせていただくと、自宅で自習してくる時と、先生が試験に出ますと教えてくださる時に使う蛍光ペンの色は、変えたほうがいいですよ。

 

 色をごちゃ混ぜにしてしまうと、試験前日の勉強で苦労するので。

 修了試験ってどうだった?

 やってみた感想ですが、意外と時間ないよ、という事です。

 

 資料を見て答案を埋める要素が大きく、四択ではありません。宅建試験とは質が違うものだと思ってください。

 

 契約書のひな型の空欄部分を、資料を見ながら「書く」作業が多いため、学力はあまり関係なくて、苦手と思うか得意と思うかは人次第。

 

 ただ、常識で解ける問題や、予習がきいてくる部分があるので、真面目に授業を聞いて、家で復習すれば、きっと大丈夫です。

 

合格者からのアドバイス

 一応合格者からのアドバイスです。

 

 字は、読める範囲で丁寧に書きましょう

 

 もし、怪しい字があると、採点する人が疑って、他の解答部分も厳しい目で見てしまうから、と先生が仰ってました。

 

 あと、絶対合格したくて、満点を目指して資料をめくっていたんですけど、完璧を目指しすぎたら、意外と時間が足りなくなりそうになったので、途中から、自分の記憶の中に正解があったら、調べないでそのまま解答しました。記述が書ききれないで落とすのを防ぐためです。

 

 残り時間を気にしながら、このままのペース配分でいいのか、計算しながら挑んでください。

 

 早く解けそうな所を先にサッと解いて、時間のかかりそうな所にじっくり時間を割けるようにするといいと思います。

試験を受ける人のイラスト(女性)

 

 あとがき

 実は授業中何度も、他の生徒さんが演習解き終わってるのに、わたしだけ終わってない、という事が何度もありました。

 もしかして自分、この仕事向いてない!?と不安になったりしたけど、実際の実務で物件の住所から何から手書きって事はまずないので、気にしなくていいと思います。たぶん、字を書くのが遅いだけです。もし授業中に終わらなかったら休み時間にやりましょう

 

 わたしの行っていた所では、休憩中や授業後も、質問があれば講師の方が随時応対してされていたので、不安があれば、溜め込まずに都度解消しましょう

 

 また、この期間は、他の予定は入れず、家でも勉強をしつつ、しっかりと睡眠時間は確保しましょう。その方が、気持ち的にも、肉体的にも楽なはずです。

 

、色々と書きましたが、受付の方に「本試験に受かる学力があれば大丈夫」と言われました。

 やる気さえあれば、無理な試験ではないと思います。

 

 実際に、受付の方や講師の方に聞いたのですが、自分が担当した範囲で落ちた人はまだ見たことがないそうです。

 

 敵は、体調不良と急用です。

 

 無理のないスケジュールを確保してくださいね。

クリスマスと少年

 季節は冬。

 

 クリスマスが近づくと、街がクリスマスムード一色

 

 どこのお店に行っても、クリスマスな飾りつけばかり。

 

 ついこの間まで、ハロウィン特集とかやってませんでしたっけ?とツッコミたくなる。

 

 今日は、先日あった、ちょっとほっこりするエピソードがあるので、それをみなさんにシェアしたいと思います。

 

~目次~

 天使のような少年

 行き付けのケーキ屋さんに行った時の事。

 

 ドアを開けた瞬間、

「あー!おきゃくさんだー」

と、小さな男の子に指差される。

 

「す…すみません。コラ、指差すのはやめなさい!」

 男の子のお父さんらしき方が謝ってきた。

 

 静かになる男の子。

 

 天使のような子だ…!と思った。

 

 そのくらい、無邪気で可愛い子だったのだ。

 

 わたしがニコニコしていると、お店の装飾を触りだす男の子。

「ねぇねぇ、なんでこれぷにぷにするの?」

 

「こら!勝手に触るのはやめなさい!!」

 

「…はーい☆」

 

 きちんと注意できるお父さんと、注意されたらちゃんと聞ける子

 

 怒れない親が増えているから、素敵な親子だなと思った

少年の言い分

 少年は歩き回りながらも、注意されたのでお店の物には触らずに店内を探検していた。

 

 そこで目にとまったのは、入り口に飾ってあったクリスマスツリー

f:id:mahousagi:20171208180128p:plain

 

 この少年、かなり人懐っこい子らしく、トコトコとこちらに近づいてきては話しかけてきた。

「ねぇねぇー、このおみせにはクリスマスツリーがあるのに、ぼくんちはせまくてビンボーだから、クリスマスツリーがないんだよ?ぼく、かわいそうじゃない?

 

 わたし、声を出さずに笑う。焦るお父さん。

「ねぇー、ともだちのいえにはクリスマスツリーがあるのに、ぼくだけかってもらえないんだよ。ぼく、かわいそうじゃない?」

 

うちもツリーがないから、いっしょですねぇ

 ぼく、同意できなくてごめん。

 

ねぇー。ぼくんちは…

 周りにいた店員さん、お客さんを巻き込んで同意を求めまくる少年。

 

 でも、「うちも狭いからないよー」で、誰も同意してくれない。困っているお父さん。

こら!もう黙ってなさい!!

 ついには怒られてしまった。

日本の住宅・経済事情

 これは想像だけど、たぶん少年は賃貸か分譲マンションに住んでいて、家が特別広いわけではない、もしくは、親御さんが一瞬しか飾らない、しかも費用や管理スペースの必要なクリスマスツリーを買いたくないがために、「うちは狭いからツリーは買わないよ」と言っていたんだと思う。

 

 で、これを真に受けた少年は、他の子は買ってもらえるのに、自分は買ってもらえない。だからぼくはかわいそう、という風に考えて、それをそのまま周囲の大人に言ってしまったんだと思う。

 

 親御さんからしたら、あまり外では言ってほしくなかったですよね。

 

 でも、子供は無邪気だからそれをそのまま言ってしまう。それが可愛いところでもあり、怖いところでもありますよね。

 

 でも、ツリーを買わないor買えないお宅って、今の日本の住宅・経済事情から鑑みても、結構多いんじゃないかと思う

 

 まず日本は土地が狭いから、アメリカみたいにみんなが広いお家ってわけではないし。

 

 雑貨屋で売っている、卓上タイプの可愛いツリーならまだしも、本格的なツリーは、持ち家か広めのお宅じゃないと、置くのも管理するのも難しい。

 

 わたしも、実家にはツリーがあったけれど、今の家にはないし。

 

 本当は飾りたいですよ。

 

 でも、現実的なコストとかを考えて、カットしちゃってるだけなんですよね。

 

 クリスマスツリーに限らず、日本の経済事情は、決して良いとは言えないから、おせち料理を食べた事がない子や、おひなさまやこいのぼりを持っていない子など、日本の伝統文化といえる物に全く触れた事がない子も、たくさんいるだろう。

 

 でも、それって親御さんだけの問題じゃなくて、この世の中、日本経済の現実を現してるなぁと思った。

あとがき

 さんざん自分は貧乏でかわいそうな子、とアピールしまくっていた少年が、ケーキを買って帰っていく。

 

ばいばーい☆

バイバーイ

 

 可愛いなぁ

 

 すごく和んでしまった。

 

 自分も会計しようとした時、目に入ってしまった。

 

 

 !!!!

 

 

 いや、そういうつもりは、全くなかったんですよ。

 

 少年のお会計の数字

 

 ぼく…きみん家は全然貧乏なんかじゃないよ

 

 だって、本当にそうだったら、そんなにたくさんケーキ買ってもらえないよ。愛されてるね

八木山動物園で、超可愛いフレンズたちに会ってきた!【後編】

 閲覧いただき、ありがとうございます。

 

 本記事は後編になります。前編はこちらから↓

八木山動物園で、超可愛いフレンズたちに会ってきた!【前編】 - 麻歩の、寝たり食ったり喋ったり

 ~目次~

 それでは参りましょう!

基本的に眠い子が多いみたい 

 時間帯のせいなのか、ゆっくりしている子が多かったです。

 

 お食事中のラクダさん

f:id:mahousagi:20171127213447j:plain

 

 続いてウマさん

f:id:mahousagi:20171127213519j:plain

 

リラックス中のカンガルー先輩

f:id:mahousagi:20171127213730j:plain

 

 後ろ足が優雅ですね。

 

 カンガルー先輩って、可愛い姿をしているけれど、筋肉質で、キック力ハンパないから、蹴られたらマジでヤバイんですよね。

 

 

 ぐでーんとしている、シロクマさん

f:id:mahousagi:20171127213552j:plain

 

 もはや、動く気ゼロですね。

 

 とっても眠そうでした。

ちょっと上手く取れた写真

 次は、わたしの中で、ちょっと上手く撮れた写真を公開。

 

 美しいトラさんがいたのですが…

 

 

 

 ふぁ~あ☆

f:id:mahousagi:20171127213619j:plain

 

からの~

 

 

 

ドヤッ!

f:id:mahousagi:20171127213652j:plain

 

 この、あくびの瞬間を捉えられた事が、わたしの中のドヤポイントでしたっ☆

 

トレイいっぱいで、家族連れにやさしい

 わたしが散策していていいな、って思ったのは、トイレの数が多い事。

 

 少し歩くと、トイレ、また少し歩いてもトイレ…と、入園者が次に次にトイレに行きたくなった時の心配をしなくていいよう、配慮されています。

 

 古びた駅のトイレみたいな感じじゃなくて、清掃も行き届いていて、綺麗でした。

 

 入園者数は多かったけれど、数が多いため並ぶ必要がなく、中には、オムツ台もあって、お子様連れへの配慮もされていました

 

 また、随所に広めの休憩スペースや、広い通路など、一部の階段部分を除けば、ベビーカーの方にも親切な作りになっていました

お食事処も可愛い

 こんな感じで、可愛いお店が園内にあります。

f:id:mahousagi:20171127213812j:plain

 子供が好きそうなメニューや、動物のパフェなんかがありました。

 

 他にもクレープ屋や喫茶店、レストランが複数ありますので、お昼を食べずに来ても大丈夫ですし、小腹がすいたらデザート♪なーんて事もできちゃいます。

フラミンゴさんがいっぱいいた

 歩いていると、フラミンゴさんがいっぱいいる池に到着。

f:id:mahousagi:20171127213841j:plain

 白っぽい子もいれば、ピンクっぽい子もいて、きれいですね。

 

 フラミンゴさんコーナーで、大きなカメラを持って真剣に写真を撮ってらっしゃる方がいました。プロの写真家さんなのかな?

 

 そういえば、仙台市民の方に聞いたのですが、昔、仙台にフラミンゴを見ながらお料理を食べる「メヒコ」という有名なレストランがあったそうです。

 

 最近は、うさぎカフェ、ハリネズミカフェなど、動物を見たり触れたりしながらお食事ができるお店が増えてきましたけど、今よりずっと前から、しかも数いる動物の中からフラミンゴを選択する経営者の方の発想と行動力がすごいですね。

 時代を先取りしています。

うさぎさんが怒っちゃった?

 わが家には1羽のうさぎさんがいるのですが、動物園から帰ったら、なぜかずっとスタンピング(足ダン)して怒ってるんです。

 

 最初はなぜかわからなかったのですが、お風呂に入ってから撫でて、「色んな可愛い子がいたけど、お前がいちばん可愛いよ」と言葉をかけたら、怒るのをやめた!!

 

 もしかして、他の動物のにおいに嫉妬してくれたのでしょうか?

 

 勝手にそう思っています。

あとがき

 ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 動物園は、普段の生活で会えない動物さんに会えるのが楽しいですね。

 

 インターネットを使えば、可愛い画像をいくらでも検索する事はできますが、実際に行って動いている姿、泣き声、においなど、五感を使ってフルに感じるのは楽しさの質が違います

 まさに体験を買いに行っている感じ。

 

 あ、そうそう。

 

 今の時期ではないのですが、こちらの八木山動物公園では、夏休み限定で、ナイトサファリをやっているんです。

 

 3日間限定なので、超レアですよね。

 

 わたしはまだ行った事がないのですが、夜の動物園って見てみたいので、機会があったら絶対行きたいです。

 

 それでは、この変で、可愛いカピバラさんの画像でお別れしましょう。

 

 また来てくださいね!

f:id:mahousagi:20171127213924j:plain

八木山動物園で、超可愛いフレンズたちに会ってきた!【前編】

 

 先日、八木山動物公園セルコホーム ズーパラダイス八木山)に遊びに行ってきました。

 

 こちらは、仙台市が管理する、市立の動物園になります。

 

 この日は快晴で動物園びより。

 

 今日は、当日撮った写真とともに、園内の様子をリポートしたいと思います。

~目次~

 行きかた

 仙台市営地下鉄東西線仙台駅から約15分、八木山動物公園駅で降りるとすぐです。

 

 車でも行けますが、駅から歩いてすぐ&渋滞・駐車料金の心配がないので、地下鉄がオススメ。ほぼ迷う事はないと思う。

 

 

 駅からいったん外に出て歩くと、こんな可愛い時計が。

 

f:id:mahousagi:20171115183108j:plain 

 

 あまり歩きたくないなぁという方は、駅内に直通のエレベーターもございます

 

 

 駅の中にも、動物さん達の看板が!

 

f:id:mahousagi:20171115183212j:plain

  

 場所がわからない、という方は、駅員さんに聞いてみてくださいね。

f:id:mahousagi:20171115184524j:plain

 ↑日本一標高が高いらしいです。

 安い、お土産充実

 いざ入園!

 

 入園チケットは、大人480円

 

 意外と安い!!

 

 中に入ると、可愛らしいお土産コーナーが。

 

 ラーメンやクッキーなどの食べ物類や、ぬいぐるみ、食器など、超可愛い!

 

 ぬいぐるみリュックサックとか、完全に子供用だけど、めちゃめちゃ可愛くないですか?

 

 動物柄のお箸とか、プレゼントにも喜ばれそう。

 

 この日は外国人観光客も多かったです。

 ワイルドなアフリカコーナー

 見てください。

 

 第一フレンズ発見!

f:id:mahousagi:20171119203834j:plain

 

 シマウマさんなんですけど、見えますかね?

 

 いよいよ動物園に来たぞ~って、感じがしますよね。

 

 

 続いてのフレンズは…

 

 ででん!

f:id:mahousagi:20171119203914j:plain

 

 こんな近くにダチョウさんが…!

 

 わたし、ダチョウさんを見るとドンキーコングを思い出します。

 

 

 そしてそして…

 

 ドーン!

f:id:mahousagi:20171119203946j:plain

 とっても動物園っぽい、水を飲んでいたゾウさんを激写☆

 

 ここまで大きな動物が続きました。

 

 え?

 

 写真が見づらいって?

 

 では次のコーナーでは、もう少し見やすい写真を掲載しますね

 

 ちなみに、アフリカコーナーは、ワイルドな香りがするので注意(笑)

 

 ただ、赤ちゃんのうちから清潔すぎない環境に行くと、将来的にアレルギーの予防につながる、なんてデータもあるので、お散歩がてら動物に会いに行くのもいいかもしれませんね。

愛想のよいヤギさんと、癒し顔のヒツジさん

 少し進むと、草食動物さんたちがいっぱいいる所がありました。

 

 そこに、愛想のよいヤギさんが。

f:id:mahousagi:20171119204016j:plain

 この、ヤギさん、何度も近くに来てくれたので撮りやすかったです。

 

 同じところをぐるぐる走って、たくさんの家族連れにサービスしていました。

 

 同じ柵の中に、癒し顔のヒツジさんもいましたが、ヒツジさんは、こちらには来てくれませんでした。

 

 ここの子たちは、みんな仲よさそうにしていて可愛かった

可愛いうさぎさん達

 ヤギさんやヒツジさんのいる所から少し歩くと、うさぎさんコーナーが。

 

 ここは、楽園…?

f:id:mahousagi:20171121182400j:plain

 皆、思い思いのポーズでリラックスしていて可愛い。

 

 後ろに、通り抜け穴みたいなのがあるんですけど、活発な子は、ジャンプして穴を潜り抜けて移動していました。

 

 他にも、眠たそうなネザーランドドワーフちゃんや、

f:id:mahousagi:20171121182432j:plain

 お食事中のロップイヤーちゃん

f:id:mahousagi:20171121182456j:plain

 

 終始起きてくれなかった、ぬいぐるみのようなアンゴラちゃんもいましたよ。

f:id:mahousagi:20171121182517j:plain

ペパプ?ハイテンションんなペンギンさん達

 うさぎさんの次くらいに、子供たちに大人気だったペンギンさんコーナー。

 

 こんな感じで、一緒に暮らしてるっぽい。

f:id:mahousagi:20171121182548j:plain

 よちよち歩いては、1匹がプールに飛び込むと、他の子も負けじと飛び込んで競うように泳ぎ始めた。

 

 たっのし~☆

f:id:mahousagi:20171121182632j:plain

 

 すっごーい!はやいよー!!きみたちは、泳ぐのが得意なフレンズなんだね!

 

 よちよち歩きからは想像できないくらい、ペンギンさんって、泳ぐとかなり速いですね。スピードにビビりました。

 

 ペンギンさんたちのお家の横に、三角のスペースがあるんですけど、

↓(この画像見てください

f:id:mahousagi:20171121182610j:plain

 ここに1匹、隠れているんですよ。

 

 この子だけは、他の子が遊んでいるのに、1度も外に出てきませんでした

 

 ノケモノなのか、人見知り(ペンギンだけど)なのか、真相は謎。

 

 長くなってしまったので、今日はここまで。

 

 後編記事はこちらから↓

八木山動物園で、超可愛いフレンズたちに会ってきた!【後編】 - 麻歩の、寝たり食ったり喋ったり

 

契約結婚ってどうよ?今更ながら逃げ恥感想(ネタバレなし)

 なぜ今?と思われそうですが、有名ドラマ、「逃げるは恥だが役に立つ」を、一気見しました。つい最近。

 

 いや~、面白かったです。

 途中、いい所で切られるので、続きが気になってどんどん見てしまいました。

 

 今日は、逃げ恥の最初の方のあらすじや、わたし個人の感想を、発信させていただきます。

婚姻届のイラスト

~目次~

 簡単に言うとどんな話なの?

 マンガ原作のラブコメで、一言で言うと「契約結婚」の話です。

 

 就職に失敗した、新垣結衣さん演じる森山みくりが、些細な妄想からアルバイト先の雇用主である、星野源さん演じる津崎平匡に契約結婚を持ちかけるのですが、それがきっかけで、周りを巻き込んで人間関係が大きく変化していきます。

 

 ちなみに、「みくり」って、変わった名前だなぁと思ったんですが、植物の実栗から来ているんだそうです。

 確かに、森山家側の親族一同、植物由来のお名前ですものね。

見どころや、面白かったところ

演出

 オープニングの、情熱大陸を始め、ガッキー演じるみくりが、派遣社員になったかと思えば、バスガイドになったり、政治家になったりと、様々なシチュエーションで可愛く楽しませてくれます

 また、わかる人にはわかるパロディなどの仕掛けが、各話に盛り込まれていますので、探してみてください。

人間関係

 こんな性格の人と、こんな性格の人がひとつ屋根の下で暮らしたらこうなる、という関係性や気持ちの変化がわかる、仮想箱庭実験的な感じで楽しかったです。

 

 周りの親戚一同や、温かく個性的な会社のメンバーとの絡みも良かった。百合ちゃんの部下達のエピソードもよかった。基本的にいい人ばかりです。

 

 個人的には、沼田さんの、他人との距離が近いんだけど、温かくて憎めない感じ、好きです。

 

 ちなみに、沼田さんのレシピは、クックパッド内の「ハートフル坊主」で検索できますよ☆

 

クックパッド - No.1料理レシピ検索アプリ

クックパッド - No.1料理レシピ検索アプリ

  • Cookpad Inc.
  • フード/ドリンク
  • 無料

 

男女両方の視点

 見ていただくとわかるのですが、平匡さんのが結構深くて、DTこじらせてる方なので、見ていてやきもきします(笑)女性目線で、それやられたらへこむわぁーと思った部分も。

 

 個人的には、男女両方の視点が見られたのが楽しかったです。

 

 片方がハッピーな気持ちになっているのに、もう片方は沈んでいて、そっけない態度を取ってしまうけど、相手はそれに気づかないとか、片方が何とも思っていない事で、もう片方がものすごい意識してしまったりとか。 

どんな人におすすめ?

 1話見終わってからの、エンディングのガッキーの破壊力☆がハンパないので、「ガッキー可愛い」という常識すぎる動機だけでも充分です。

 毎回続きが気になる終わり方をするので、ハマると結構一気に見ちゃうと思います。

 

 最近恋愛をしていない方や、結婚ってどうなんだろうって考えてしまう方もぜひぜひ。 

契約結婚って、どう思う?

 1話の展開だけ見て、えー!って最初は思いましたが、しばらく見ていると、これはこれでアリなんじゃ?という気がしてきました。

 外でバリバリ稼ぐけど、家事に時間を取られたくない人と、就職しないけど家事が得意な人のマッチングって、お互いの足りない部分(家事・お金)を補い合っていて、合理的ですよね。

 

 その場合の収入って、家計とみなされるのか、税金ってどうなるのかとか、お金に興味があるわたしはすごく気になってしまいました(笑)

 

 ただ、一見合理的に見えるシステムでも、多大な危険性もはらんでいるなと。

 どちらか一方が恋愛感情を持ってしまうと、かなり厳しいものになるんじゃないかと思いました。

 契約をした時と、その後で、気持ちが変わる可能性はいくらでもあるし、最初っから全く好みじゃないとか、完全に割り切れる人尚且つ許せない生活習慣がなく信頼できる人間でないと、一緒に暮らすのはきつそう。悪用する人もいないとは言い切れないし。

 

 ドラマの中では、様々な結婚観を持つ人が出てきて、子供が大好きで結婚して良かったという人もいれば、したくてもできない人、他人と暮らす事なんて考えられない人など色々でしたが、わたし個人の考えにいちばん近いのは風見さん。

 

 これは男女間に限らず人間関係全般でなんですが、メリットがない人間と付き合う意味がわからないです。

 「メリット」って言葉を使うと、少し聞こえが悪いかもしれませんが、誤解を恐れずに言うと、誰かを選ぶ事で、好きな行動を制限されたり、挑戦したい事を反対されたり、要は、社会的・金銭的に問題のない、個人の自由が許されるような場面で、納得のいかない妨害を受ける事が許せないんです。

 

 そういう事をされると、この人と縁を切れば全てが上手くいくんだよな~って割り出してしまうんですよね。 

家事代行のお仕事?

 以前職安の求人で、契約結婚ではないけれど、住み込みの家事代行のお仕事を何度か見かけた事があります。

 勤務先が個人宅になっていて、掃除・洗濯・炊事から、銀行周りなど、主婦業全般をお願いするみたいな感じでした。

 

 家事が得意で、相性の良い雇用だったら働きやすくていいのかもしれません。

 

 どんなお仕事なのか、わたし気になります。

美容院での雑談と、トリートメントのゴリ押しが嫌だ~!雑談しない美容院を作ってくれ~!

最近美容院に関して困っている事

 

 みなさんは、美容院での雑談は好きですか?

 

 わたしは、嫌いだ~~~~~~!!

 

 今、雑談したくない空気を読んでくれる所に通っているんですけど、通っている美容室の美容師さん、腕は文句ないんですけどね、最近トリートメントのゴリ押しをしてくるんですよ。

 

 はっきり言って、美容室のトリートメントなんてケミカルで、薬局で売っているシリコン入りのトリートメントと成分的に大差ないのに高いし、頭皮環境にも全然良くなくて、髪を補修する効果なんてないって事はわかってるんですよ。

(ツヤが出たり、髪が絡まなくなって扱いやすくなったりと、メリットがある事もわかるんですが、それは、やりたい人がやればいい事)

 

 そしてシリコンで蓋をする事で、新しく健康な髪が生えてくるのを阻害するから、やりたくないんですよ。

 

 わたしの通っている美容院では、1回トリートメントをすると三千円かかるんですけど、三千円あったら、豪華なランチが食べられるし、数日分の食費になるし、11連ガチャも回せちゃうんです。

 

 で、毎回結構ですって断ってたんですけど、最近、「次はトリートメントして下さいね!」って言われるようになってしまって。

 

 なんだかプレッシャーなんです。

 

 でも、その他の所は文句なしに気に入っているので、美容室を変えるべきかどうか、ちょっと考えているところ。

f:id:mahousagi:20171102175426p:plain

~目次~

 そもそもなぜ雑談が嫌なのか

 わたしが美容室で雑談をしたくない理由ですが、シンプルに疲れるからです。

 

 そもそも、

  • 彼氏(彼女)は?
  • ご結婚は?
  • お子さんは?
  • 普段どんな所で~

 …系のトークって、会社で言ったら完璧アウツのコンプラから呼び出しがかかる事例じゃないですか?

 

 めちゃめちゃプライベートな、人によっては触れられたくないデリケートな面にも触れますよね?

 

 あと、お仕事は何を…?とか、この後のご予定は…?とかは、世間的に珍しいものだったりする人は特に、kwskツッコんで聞かれがちだから避けたい部分ですよね。

 

 そういうプライベート全開の話題は、友達や家族で十分。

 

 美容師さんは、「お仕事をお願いする」という理由で会っているので、それ以上の関係を求めていないんです。 

雑談が嫌いな人の大半は、雑談ができないわけじゃない

 わたしもそうなんですけど、美容院やタクシーなど、意味のない雑談が嫌いな人って、雑談自体ができないわけじゃないと思うんです。

 

 社会人になると、色々と面倒な事がありますから、社会で淘汰されないように、無理して社交的に振舞っているんです。

 

 だから、飲み会に誘われたら行かなきゃいけないし、嫌いな人に、嫌いです!話しかけないで下さい!と、シャットアウトするわけにもいかないから、笑顔を作って嘘をつく

 

 だから、プライベートで、お金を払って客として来ているのに、自分じゃない自分を演じるのが嫌なんですよ。

 

 会話が上手でリラックスできる美容師さんならまだいいけれど、会話が下手な方だと話が広がらないから、こちらのプライベートな事ばかりを根掘り葉掘り晒さなければいけなくなるから重い

 

 よく、美容室で、美容師さんにあれもこれも話したいのか、名前、年齢、住んでいる所や仕事、付き合っている人との生々しい体験など、個人情報をこれでもかとぶちまけているコミュ強のお客さんがいらっしゃるけど、どこの馬の骨かわからない、わたしのような他人に聞かれる事に抵抗はないのかな?と不思議に思います。

 

 これ、盗み聞きしようとしてわざとやってるんではなくて、テンションが高くて声が大きいから聞こえてきてしまうんですよね。 

自己主張が苦手な人が、自己主張を要求されると疲れる理由

 わたしはトークが上手なわけでもないし、普段、人前で自己主張するのが得意ではありません。

 

 冒頭の、トリートメントをゴリ押しされる話にもどるんですけど、「自己主張が苦手な人間が他人の提案を断る」って。結構な行動力・エネルギーを使うんですよね。

 

 ゲームに例えると、1日の行動力の7割を使っちゃっから、育成も妨害もできなくて寝るしかない、みたいな。

 

 で、こういう人間は、さっくり断っているように見えるかもしれないけれど、こう言ったら傷つかないかなぁ?とか、この言葉を使えば強く聞こえないかなぁ?とか、結構頭の中で計算して喋っているので、「断りづらい提案を何度もしてくる相手=疲れる→付き合いにくい相手」になってしまうんです。

 

 だから、こんなのもあるけど、選ぶのは自由だよ~的な、ゆるい感じで提案してくれるといいのですが。

接客業の人に聞いてみた

 美容師さんではないのですが、有名なブランドのバックを売っている店舗で働いている方から聞いた話です。

 

 「お客さんが入ってきたら、とにかく声をかけろ」と、マニュアルにあるのだそうです。

 

 で、お客さんが、軽い気持ちで立ち寄っただけだったり、ゆっくり見たいんだろうなぁと察しても、声をかけないと、店長と呼ばれる人からお叱りを受けるのだそう。

 

 だから、店員さんは、申し訳ないな~と思いながらも、「何かお探しですか?今の時期ならこういう…」と、相手が引いているのに気がつきながらも、怒られないよう営業トーク全開で行くのだそうです。

 

 こんな店舗ばかりではないでしょうけど、声をかけられてありがたい人もいれば、迷惑に思う人もいると思うので、お客さんのタイプを探りながら対応を変えていった方がいいと思うんですけどね。

 

 もしかしたらこれと同じで、美容師さんも、「あの客にトリートメントつけてこい」ボソッ…とか、裏で言われて査定されてるのかもしれませんね。

雑談しない美容院を作ってほしい

 検索してみた限り、雑談しない宣言をしている美容院は見つかりませんでした。

 

 需要あると思うんですけどねー。

(何でないんだろう…)

 

 千円カットに行くって手もあるけど、わたしの日本人離れした髪質は、失敗したら取り返しがつかないから、外出できなくなったら困るし、勇気が出ません。

 

 親しい友達が行ってるとかなら信用できそうですけど、情報がないから怖い。

 

 仕上げが遅くてもいいし、1万でも2万でも払うので、無駄話はせずに、カットやカラーの相談のみで、後はそっとしておいてくれるってだけで、だいぶ助かるんですけれども。

 

 誰か、雑談しない美容院を作ってくださいよろしくお願いしまぁぁあす!!!

自称優秀、元税理士事務所勤務男性を恐怖を感じた話

 やめた会社の話です。

 

 わたしが働いていた会社に、元税理士事務所勤務の男性が入社してきました。

 

 わたしは事務員だったのですが、人数の少ない会社で、営業以外の雑用全般をわたしが引き受けている感じでした。

 

 事務は本来2名体制だったのですが、退職者が相次いだ関係で、わたし1人で回している状態でした。

 

 ミスのないように気をつけて仕事をしていますが、ギリギリの状態で常に覚醒しているような感じだったので、いつかどこかで、気づかず重大な何かをやらかしてしまうのではないかという恐怖がありました

 

 そんな矢先、事務補佐として男性が1人加わるという話が舞い込んできて、あぁ、やっと落ち着いた環境で仕事ができる…と、その時は嬉しく思いました。

 

 ただ、この彼、ちょっとくせ者だったんです。

~目次~

う~んと思う性格

 俺は優秀だ!

 はっきり言って、彼(ハセガワさん・仮名)の第一印象は最悪なものでした。

 

 自身の境遇について話されたのだけど、話の内容はいつも同じ。

 

 要約すると、

  • 俺は優秀
  • 税理士資格はないけど、税理士先生以上の働きをしていて、あそこ(前職場)の売り上げはほとんど俺のおかげ
  • 俺は税理士先生よりできる男。評価されないから転職してきた

 

 ある程度の愚痴やぼやきなら、わたしもするし、わかる。

 

 でも、ちょっと度が過ぎるというか。

 

 そんなに優秀なら、こんな所にいないで、さっさと税理士資格を取得して独立すれば?とは口が裂けても言えなかった。

明らかにバカにした態度

 一応わたしの方が先に入社しているので、事務の仕事を教えるのはわたしの仕事。

 

 でも、ハセガワさん、一回り以上年下の小娘に教わるのがはプライドが許さなかったのか、メモは絶対に取らず、わたしが説明をするごとに、わたしの説明を抑揚をつけて繰り返す

 

 最初は覚えるために復唱しているだけだと思って気にも留めなかったのだけど、ある時、覚える必要のない部分を繰り返された事で気づいてしまった。

 

 この人、わたしの事バカにしてる…。

 

 要は、覚えるためではなく、わたしが喋った言葉、イントネーションをいじめっ子のように大袈裟にマネして繰り返していたのだ。

これって無駄ですよね?

 ハセガワさんと仕事するようになって気になったのが、帳簿の会計項目の記入を独自のものに省略する事。

 

 それが、税法上正式なものなのかは,わたしにはわからないのだけど、前任者から引き継いだものと違うし、読めないため、正式な名称で書いてください、とお願いした事がある。

 

 その時に返ってきた言葉が、

 

「それって無駄ですよね?」

 

 

 また、この会社では、パソコンと、手書きの帳簿、両方にお金の流れを記録していた

 

 同じ内容を2箇所に記入するのって、二度手間だしいらないんじゃないか?と、社長に進言した事がある。

 

 実は、社長も同じ事を思っていたのだけど、この会社では、古くからの戦力になってくれている社員の方が、おじいちゃん世代の方が多く、何度パソコン操作を教えても、覚えられなかったんだって。

 

 で、無駄だとは思うけれど、パソコンが使えない社員も、自由に売り上げが見られるように、あえて二重の記載をしているんだと聞いて、理由があっての会社の方針なんだと納得していた。書くという行為は嫌いじゃないし、気分転換にもなりますしね。

 

 で、ハセガワさん、それを聞いた上でも、

「でも無駄ですよね?」

 

 どうやらこのお方、自分が共感できない事は全て「無駄」で片付けるらしい。 

ネット履歴の閲覧

 当時わたしはインターネット環境がなく、どうしても調べたい事があった

 

 社長と社長の奥様に許可を取って、定時後にインターネットを閲覧させてもらえる時間を確保する事ができた

 

 その日わたしは、取りたい資格の講座のホームページを閲覧してから帰ろうとしていたのだが…。

 

 コートを取りに行った際に気づいてしまった。

 

 ハセガワさんが、わたしの閲覧履歴を探って表示している事を。

 

 別に見られてやましい内容ではなかったのだけど、気味が悪かった。

俺は社長代理だ!

 ハセガワさんの業務改革はエスカレート。

 

 ここでは事務員といっても、営業以外の雑用全般など、仕事内容は多岐に渡っていたため、帳簿の記入や受発注、電話対応や、棚卸し作業なんかもする。

 

 棚卸しの時期がきた途端、ハセガワさんが突然、

「俺はそんな仕事はやらない!」

 

 1人で棚卸しはできないので、昼休みに勇気を出してハセガワさんと話してみる事に。

 

 そしたら、

俺は事務員じゃなくて社長代理だ!ゆくゆくは社長代理業務をやらせてくれるっていうから入社したんだ!だからそういう雑用みたいな事はやらない!

 

 わたしは、事務補佐が増えて、今の忙しさが半減するよ、と言われていたから、仕事を続ける気持ちでいた。

 

 でも社長とそういう話を事前にしていたのであれば、わたしの聞いていた事と違う

 

 後日、正式に話し合いの場を設ける事に。

退職を決意

 その後、ハセガワさんの業務改革は進み、これも無駄ですよね?あれも無駄ですよね?と、わたしがやっていた仕事をどんどん潰していった。

 

 あれもいらない、これもいらない、と一方的に切り捨てるハセガワさんについていけなくなり、また仕事を続ける意味もわからなくなり、わたしはついに退職を決意

 

 引継ぎをしてから辞めた。

「麻歩さんがいなくなっても、俺は1人で会社を回せるよw なんたって社長代理だからね!」

 そう言われた。

 

 もう会う事はないだろう。

 

 これから何をしようかな~と、ニート生活に突入した。

早朝の来訪者

 わたしの朝は遅い。

 

 元々ひどい低血圧で、仕事をするために無理やり早起きして社会に合わせていたけれど、しばらくはその必要もなくなった。

 

 と、言うわけで、目覚ましをかけず久しぶりにゆ~くりと寝ていたのだけど…。

 

 最悪な音声が、この後響き渡る事に。

 

 ピンポーン。

 

 無視。

 

 ピンポンピンポーン!

 

 無視。

 

 ピンポンピンポンダンダンダンダンダンダンダンダン!

「麻歩さん、いるんでしょー?ノートを、ノートを見せて!!今すぐに必要なんです!ノート持ってますよねぇ!?」

大声をあげる人のイラスト

 

 借金取りか。

 

 わたしは基本、家の中で実用性重視で、はスカートをはいたりはしない。

 

 そのため、そのまま外に出られない格好。

 

 1人暮らしの女性宅に、好きでもない異性がドア1枚隔てた向こう側にいるというのが怖くてたまらなかった。気持ち悪いとさえ思った。

 

ダンダンダンダン!

 

 やまないノック。

 

 これは出るまで帰ってくれなそうだな、と思い、眠い目をこすり最低限の格好をして、インターホンに出た。

 

会社の住所録で家の場所調べてきたんですよ!ノート!あの、ノートありましたよね?それ、下さい!」

 

 調べてきたとか気持ち悪い…。

 

「ノート、ずっと書いてましたよね!?あのノートがないと仕事が全くわからなくて。今すぐここを開けてください!!」

 

 わたしがいなくても仕事できるって言ってたじゃん…。

 

 要は、いざ1人で動いてみたら、全く動けなくて、わたしが細かくメモしていたノートがあればできるから、それをよこせ、とそういう事らしい。

 

 早朝で頭痛と吐き気、好きでもない男性に、突然家に押しかけられる恐怖で、心臓はバクバク。

 早朝なので、言葉もまともに出てこず、わたしはノートを渡してその後何を話したのかよく覚えていない。

あとがき

 職場が同じだったという理由だけで、住所を調べて家に来るって、何ハラかわからないけど、絶対やっちゃダメでしょ、って思う。

 

 結局ハセガワさんと会ったのはそれっきりで、その後の事は知らない。

 

 でも、社会人経験をある程度積んだり、様々な勉強をしてきた今のわたしなら、ハセガワさんの気持ち、少しわかる。

 

 当時は効率厨なハセガワさんの性格が苦手だったけれど、効率よく物事を進めると、気持ちがいいし、最終的に得をするよね。

 

 でも、性格的には合わなそうなので、もう二度と係わり合いになりたくないな、と思います。