麻歩の、寝たり食ったり喋ったり(^^)

麻歩の、寝たり食ったり喋ったり

趣味や日々の出来事、思う事などを気ままに発信。仕入れた情報に主観を挟んで発言します。

スポンサーリンク

君主論から学ぶ、パワハラ因果応報

 パワハラ国会議員さんのニュースを朝から見て、とても嫌な気持ちになりました。人の怒鳴り声って、たとえ自分に向けられたものでなくても不愉快ですね。

 被害者の元秘書さん、疲弊した精神で、よく勇気を出したなって思います。

 

 わたしも、パワハラを受けた事があって、その間の精神、健康状態がいかなるものかよくわかります。

www.mahousagi.com

 パワハラをする人は、心が幼いと思います。

 

 上の記事では、パワハラをされたわたしが、落ち込んでから回復するまでを書かせていただいたので、今日は、パワハラを受けた人間の気持ちがどのように変化するのかを語りたいと思います。

~目次~

パワハラは絶対悪!

 今回の事件は、被害者の方が重大なミスをしたから、というのがきっかけのようです。

 確かに、調べてみたら、やってはいけない、たくさんの方に迷惑がかかる行為でした。語調が強くなるのも、指導が厳しくなるのも、わかります。

 

 でも、ちょっと待ってください。

 

 いくら被害者側に落ち度があったからといって、物理的に叩くのは絶対なし!これをやってしまったら、100%悪でしかないし、被害者の容姿を指摘したり、怒鳴り声で感情をぶつける行為は指導の範疇を超えています

 途中から、発言の目的が、指導ではなく、相手を効率的良く傷つけることにシフトしていったと考えられます。

パワハラ上司は君主論を読んで

 おすすめしたい本に、ニコロ・マキアヴェッリの「君主論があります。

 君主たるもの、うんたらかんたら、という本で、読んだ事がない方でも、学校の授業で習うから、名前も耳にした事はあるのではないでしょうか。

 

 君主論は、意訳や要約、原文など様々な本が出版されていますが、その中で、日本語で書かれていて、専門知識がなくても読みやすいものを1冊紹介致しますね。

 パワハラを受けた人間の反応

  上記は正確には君主論ではなく、君主論・政治論中心の抜粋本になります。

 

 この本の中に、君主たる者、人から恨まれる事をしてはいけないよ。人間が極端な行動に走るのは、名誉を深く傷つけられた時だよ、というような事が書かれているのですが、多くの君主が名声を得たり消えたりしていった歴史を見ると明らかですよね。

 

 パワハラを自覚した時のわたしの感情の変化は、こうでした。

かかわりたくない

 この人とは深く関わらないようにしよう。

 

 触らぬ神になんとやら、ってやつです。

 結局、雑談の中で話した事が、後の攻撃材料に転化するケースが多かったため、私的な事は、どんな小さな事でも話さなくなりました

絶対に許さない

 わたしのように、回避型のコミュニケーションで自分や周囲の人間を守ろうとする人もいれば、絶対にいつか仕返ししてやる。みてろよ!チャンスを伺って待っている人もいると思います。

 この、後者の人が結構やっかいで、何もない時はいいですが、一度敵として認識されてしまうと、何をしても説得する事はできないし、加害者が何か失敗しようものなら、そこにつけこんで一気に攻め落とすぞ!と、足を引っ張る要因になってしまうんです。

利他的な行動を避ける

 パワハラ上司は、とても気分屋でした。

 

 簡単な事です。

 この人に、どんなに気を遣ったり、親切にしたり、利益になる事をしても、機嫌が悪かったり、こちらが何かミスをしたら、全て0になって筋の通らない叱責をされる。だったら、気を遣っても意味がない

 

 普段、人と話す時、この人にこういう言い方をすれば、自分の印象がよくなって、利益になると逐一計算しながら話しているわけではありませんが、よい結果にならないだとう、という前例があると、どうしても相手の利益になりそうな事を避けてしまいがちです。

 

 実際わたしも嫌がらせこそしませんが、お客さんに不利益はなくて、パワハラ上司にだけ利益がある、というお願いをされた時、やろうと思えばできなくはないけど、自分の都合で断る事があります

 残業して手伝えば、パワハラ上司の負担は軽くなるけれど、自分の仕事が終わったから、疲れを取って将来の足しになる事をするために定時で帰る、といった場合です。

 

 パワハラをされる前のわたしなら、「○○さん、よかったらわたし、手伝いますよ」と自分から声をかけていたのが、この人に親切にしてもぁという気持ちが行動を制限します。

 また、パワハラで人の定着が悪いため、新人教育に時間を割かれ、教育係りになった人は自分の仕事が進まず残業が増え、教えた新人も使い物になりそうな、これからという時にパワハラですぐにやめてしまうため、それをカバーする周辺の負担や、余計な人件費がかかってしまいます。

 

 こんな風に、人に不必要に辛くあたる事で、本来なら得られる協力や利益が得られなくなったり、余計な恨みを買って、後から倍返しされる可能性もなくはありません

 

指導とはどうあるべきか

 たとえ相手に落ち度があったとしても、指導は適切な言葉で、必要な事だけを淡々を言うのがいいのではないかと思います。特に、感情的になって容姿や人格を否定する言葉は不要です。

 言葉って、それだけで人の印象を決定づける要素です。

 相手の事をよく知らない状態で、汚い言葉をぶつけられたら、その人の性格や育ちそのものを、よく知らない相手なのに疑ってしまいがちです。

 

 異性関係のハメをはずしすぎた失敗なら、良くはないけど、まぁ人間だもの、で1回目なら許してもらえる部分もあるけれど、言葉によって人間性の醜さが露呈してしまったら、謝る事はできても、信用をなくしたという意味で、復活は難しいのかなと思います。

 

 きつい事を言わなくてはいけない場面でも、無難に愛想よく、綺麗な言葉で諭した方が、相手の心に届きやすいと思います。

 

 北風と太陽の話をご存知でしょうか?

 北風と太陽が、どちらが旅人の服を脱がす事ができるか、勝負する話ですが、強い力で吹き飛ばそうとした北風と、暖かな日差しで照らし続けた太陽と、どちらが勝ったのか、答えは明確ですね。

 

 相手を力で強制的に変えようとすれば、当然反発が起こります。よって本来の目的を、より達成しづらい状態を自ら作り出してしまいます

 恐怖は相手を萎縮させ、本来の能力を発揮できずミスを誘発します。そして、それによって発生した怒りが相手にぶつかり、それによって生まれた恐怖と怒りが無限ループします

 

 部下に仕事をしてほしかったら、適切な指導を行い、マキアヴェッリのように、できる部下には裁量権と褒章をやってモチベーションを上げ、絶対の信頼を築いた方が、遥かに自分の利益になると思います

イタリアのエスプレッソをご自宅で。マキネッタ使ってみた

まえがき

なんかわたし、ここ最近ず~っと、コーヒーメーカーに呪われているんですよ。

 

 朝はパン派のわたし。

 朝食にコーヒーは欠かせません。

 

 毎朝カフェオレを作って飲むのは楽しみのひとつ。

 

 そんなわけで、安いコーヒーメーカーを使っていたんですけど、買って少し経つと、きちんとお手入れしているのに、なぜかコーヒーが噴き出してこなくなる現象が。

 

 洗浄したりしてみても変わらないので、本体代ケチったからかなぁ、と、倍の値段のものを購入。

 それでしばらくは順調に動くのですが、また少し経つとコーヒーが出てこない。

 

 さすがに、えー!?とは思ったけど、コーヒーは大事なので、また新しいものを購入。

 でも、また同じ現象。

 全て、買ってから半年以内ですよ?

 

 3回繰り返して、もういいや!ってなって、スーパーで売っているボトル入りのコーヒーで代用していたのですが、コーヒーの香りがなくて寂しくなってきたので、ついに新しい子をお迎えしちゃいました。

 

~目次~

 

イタリアから、こんにちは。マキネッタちゃんの登場です

マキネッタとは

 みなさん、マキネッタってご存知ですか?

 

 これです。↓

 

 f:id:mahousagi:20170617183225j:plain

 イタリアでは、だいたいどの家庭にもある、お手軽エスプレッソマシーンです。

 

 おいしいコーヒーを淹れるために、各家庭で受け継がれているお気に入りがあったり、嫁入り道具として使い古したものを持参したりするんですって。

 

 マシーンといっても、構造はすごくシンプル。

f:id:mahousagi:20170617183323j:plain

 きれいに3分割。

 頭と胴とおしりって感じですね。

マキネッタの使い方

 使い方も、とってもシンプル。

  1.  一番下の部分になるタンクの線ギリギリまで水を入れる。
  2.  真ん中の部分になる、フィルター部分にギリギリまでコーヒーを詰める
  3.  一番上、頭となる部分をセットして、ガスコンロにかける。
  4.  コポコポと音がしたら、コーヒーができた合図。コンロからおろして、いただきます

 ね?とってもシンプルでしょ?

事前にすること

 このマキネッタ、とっても便利なんだけど、買ってからすぐは使えません。

 

 まず最初に器具を水またはお湯で洗います。それから、コーヒーをなじませて、独特の金属臭をとるためのに、淹れたコーヒーを飲まずに捨てる作業が3回必要です。

 体に害はないらしいのですが、独特の金属風味がして、最初の3回に分は飲めたものじゃないそうです。コーヒーもったいないって思っちゃうけど、おいしくいただくために、この作業は省かずにやりましょう。

 わたしは飲まなかったけど、1回目のコーヒーは鉛のような色でした。

 

 よって、すぐには飲めないので、事前準備はお休みの日に、器具を冷ましながらゆっくりやりましょう。

 

 ちなみに、最初からコーヒーとキャニスターがついたセットもあります。

 

気をつける事

 難しくはありません。いくつかの注意点があります。

 洗剤は厳禁 

 マキネッタに、洗剤は厳禁です。加工してある油がとれてしまいます。

 洗浄は、水またはお湯で。 

 コーヒー、水、お湯以外のものは、絶対に入れないでください。

 また、コーヒーはエズプレッソ用の挽いてあるものを使用してください。それ以外ですと、上手く抽出されない場合があります。

 火傷注意

 本体は、熱くなっております。

 持ち手と上部のつまみ以外は、素手で触ったら絶対ダメです。

 熱いのが苦手な方は、お料理用のミトンを用意しておくといいかも。

 

 また、使用後のお手入れも、本体が十分に冷めてから行いましょう。

 後片付けの注意
  1.  後片付けは、本体が十分に冷めてから、分解してコーヒーの殻を捨てる
  2.  水またはお湯で洗い流す
  3.  濡れたまま長時間放置しない

 この、3が結構重要です。

 

 濡れたまま長時間放置すると、本体が劣化して見た目が黒っぽくなったりするそうです。害はないそうなんですけどね。

 水で流した後、少し放置しから、わたしはこれで水分を撃退してます。

 

 理系クラスタにはおなじみ、キムワイプです。

 主に実験器具の表面の汚れを拭き取る道具ですが、ティッシュのように細かいゴミが出ないので、マキネッタのお手入れ以外にも、お料理中にチューブ上の調味料を出しすぎてしまった時とか、ジャムやヨーグルトが容器の淵についてしまった時とかにも使えて重宝しています。

 マキネッタでできる、ちいさなしあわせ

 いくつかの注意点をあげましたが、使ってみて、一般的なコーヒーメーカーより、楽だなと思いました。使い捨てのフィルター買わなくていいですし、使ったら捨てて水で流すだけですし。

  あと、淹れている時、いいにおいがして、おいしいです。

 

 わたしの使っているものは3カップ用の150mlサイズで、1人~2人用です。

 すごーく濃いエスプレッソの状態で出てきますので、濃いのがお好きな方は、そのまま。濃いのが苦手な方は、お湯で割ってアメリカンにしたり、牛乳で割ってカフェラテにしたりもできます。こんな風に。

 

f:id:mahousagi:20170617183353j:plain

 

 あ、このサイズ選びって、結構重要で、後から変えることができないので、選ぶ時は、よく考えて決めた方がいいですよ。

 

 上手に使えると、こんな風に楽しめます。

f:id:mahousagi:20170617183414j:plain

 とっても、しあわせな気持ちになるのでオススメです。

 

スポーツが嫌いな子がいたって、いいんじゃない?

~目次~

 

今日のテーマ

 スポーツ庁の政策の件なんですけどね。

www.asahi.com

 スポーツが嫌いで、何がいけないんでしょうか?

 

 スポーツが苦手な事で、誰かに迷惑をかけたでしょうか?

 

 すっごく疑問です。

 ヒャダインさんは「体育が嫌なのは恥をかかされるから。周りに迷惑をかけている申し訳なさ、馬鹿にされているんだろうなという自虐。ネガティブな感情ばかりが渦巻くんです」。能町さんは「体を動かすこと自体が嫌いなわけじゃない。うまい人とやるから嫌いになる。レベル別に完全に分けてくれればいいのに」と提案する。

 (引用元http://www.asahi.com/articles/ASK525CYPK52UTQP01H.html )

 体育で嫌な思いをした事がある事がある人って、スポーツが得意な子にバカにされた経験があるからだと思うんです。

 スポーツが得意な子が、ちょっとやっただけですぐできる事を、頑張ってもできない。逆上がり、二重飛び、ダンス。球技で的にされたり、敵チームに点を取られたのを自分のせいにされたり。

 

 すごく不思議なんですが、勉強のできない子をバカにするのはいけないのに、運動が上手にできない子を見て笑うのはOK的な空気、ありますよね。あれ、なんで??

両方できる人も

 もちろん、運動しないよりは、やった方がいいと思いますよ。勉強もできて、運動もしたら、体力もついて脳にも良くて最強だし。

 まれに、どっちもできる、すごーい人もいる棚橋弘至さんや、川島永嗣さん。人間って、努力すると、こんなに変われるんだ、と感動を与えてくれる、カッコイイ大人代表。

 ご本人の能力の高さ+努力にやる気の合わせ技なんだろうけれど、大抵の人はどちらかしかできなかったり、どちらも苦手だったりしますよね。

体育の嫌な思い出

 わたしは運動音痴ではないと自分では思っているんだけど、体を使って見せる競技全般が苦手で、学生時代に最も嫌だったのが、ダンスとバレエの授業。

http://1.bp.blogspot.com/-ThkRKH8Q2qk/Vf-aiH7NMcI/AAAAAAAAyG8/IpVAeeEdJbM/s400/taiiku_dance_nigate.png

 

 みんなが1回で覚えられるステップが覚えられない。どうしたら先生と同じ動きができるのか、体重移動はどうすればいいのか、わからない。聞いても教えてもらえない。みんなと同じができないと、笑いの対象。それを制してくれる人は誰もいない。

 強制だったから、逃げられなかった。

 それでも逃げなかったのは、無難に及第点で卒業する、ただそれだけのため。

 

 ヒップホップ世代に生まれなくて、よかったなぁと思います。必修とか、無理!

 

 それが原因で学校に行かなくなる子とか、体育限定で体調不良になる子とか、増えそう。

 

 どんな分野も、真剣にやると奥が深くて、楽しいのかもしれない。

 でも、「楽しい」に辿りつく前に、「辛い」「苦しい」が先に来ちゃってるから、好きになる所までゴールできないんだよね。

個人的な考え

 スポーツが苦手な子を笑う奴に聞きたい。

「あなたは、机の上の勉強はできるのですか?苦手は1つもないのですか?あるならなぜ克服しないのですか?」

と。

 

 得意な事って、人によって違う。

 好きな事や、嫌いな事も。

 

 だから、嫌いを無理やり好きに変えさせる事は違うんじゃなかな?って思う。

 

 もちろん、社会人だけど人と話す事が苦手って人は、最低限挨拶やほうれんそうくらいはできるように頑張った方がいいし、オフィスワークだけど入力が遅いって人は、練習して克服した方がいいと思う。

 でも、これらは生活するために求められている能力だから、努力した方がいいって話で、本当に超がつくほど嫌いだったり、生理的に無理な事に対して無理やり立ち向かう必要はないのかなって、思う。

 嫌いなものを強要されるのって、食物アレルギーのある子に

「わがまま言わないで、一口だけでも食べなさい」

「この、端っこのところなら、食べられるんじゃない?」

って、無理やり勧めてくる人に似てるなって思いました。

 

 学力で勝負したい人と、スポーツで勝負したい人の取り組み方が違うように、求められる結果も柔軟に変えてくれたらいいのになって、思います。

 苦手だけど頑張ったから偉い、取り組む事から逃げなかったからすごい、じゃダメなの?

 有名なスポーツ選手がクイズ番組に出ると、スポーツでは優秀だけど、勉強は苦手で、小学生でも読めそうな漢字が読めなかったり、問題が解けなかったりする場面がありますね。

 でもそれって、別に笑う所じゃなくて、自分のエネルギーをスポーツに全振りした結果であって、学力はそこそこでいいやって、生き方を選択したからなんですよね。

 

 全部完璧にできたらカッコイイけど、全部を全力でやろうとすると、一番やりたい事が疎かになりそうな凡人は、生きるために必要でないのなら、そこそこ頑張る、苦手なりに参加してみる程度でいいのかなって思います。

余談

 そうそう、ダンスにトラウマがあるから、ずっとやってみたくてもできなかった事があったんですけど、この間、ゲーセンで初めて1人でダンレボをする事ができました!

 

 周りは自分が思っているほど、自分の事を見ていない、上手くできない人をバカにする人がいたら、そいつの人間性に問題がある。

 たくさん慰めの言葉をいただいたのですが、勇気がなかなか出なくて。

 

 でも、人が少なかった時に思い切ってやってみたら、案外楽しいものですね。

 途中で隣に人が来た時に、上手くできなくてゲームオーバーになったりもしたけど、全然笑われなかったですし。

 難易度を、自分に合ったものにしたら、辛いとか苦しいとかは、思わなかったなぁ。

 

 運動不足は自覚しているので直したいけど、ジムに行くのは嫌なので、時々遊び感覚で体を動かしたいなぁ。

 あ、そうそう。アメリカの、一部の学校では、体育の授業にダンレボを使用している所があるんですって。すごいねコナミ。

 

 こんな風に、個人が無理なく「楽しい」を見つけられるといいんですけどね。

いい病院って何?病院でひどい対応をされたんだけど。

 最近病院で害虫のような扱いを受けたので、その時の事と、それに対して感じた事、調べた事を以下にまとめました。

~目次~

 威圧的な女医とスタッフ

 先日、気になる症状があり病院に行ったところ、医師からすごく不快な態度を取られた威圧的な女医さんで、診察室に入った時から無表情、早口、こちらに一切質問をさせないスタイルだった。

 一番心に残っているのは、診察時、痛みや苦痛の伴う検査をしなければならなかった時に、わたしに拒否反応が出てしまい、舌打ち。その際キレ気味に、

「こんなの、小学生でもできるのに!検査!やって!いいですかっっ!!!!」

と、終始語尾にびっくりマークをつけて怒鳴られた

f:id:mahousagi:20170610121304p:plain

 

 その剣幕がすさまじくて、具合が悪くて病院に行ったのに、ショックで質問したい事をほとんど聞けず、恐怖で気分が悪くなってしまった。

 頑張って、

「こういう症状があります。身内にこういう症状の者がおりますが大丈夫でしょうか?」

と声を振り絞ったところ、

「は!?そんなに気になるんだったら、診ればいいんでしょ!ちょっと!○○!」

(○○はスタッフさんの名前)

 

 大声でスタッフを呼び、検査の指示を出す医師。診察の痛みで、まだ震えているわたし。医療スタッフが、別のフロアへわたしを誘導。検査。この間、何を調べるのか、どんな検査なのか、どのくらいの金額なのかなどの説明は一切なし

 いざ追加の検査が始まると、このスタッフもキレるキレる。

「動かないでください!」「○○しないで下さい!」「○○して下さい!!!」

 ○○しろ、するなと言われても、自分ではちゃんとやっているつもりだから、わからない。

 かなり頭にきたので、

「自分ではちゃんとやっているつもりなので、わかりません。具体的に、どこに力を入れて、どんな風にしたらいいですか?」

と、スタッフさんに聞いてみた。

 すると、スタッフさんは、大きなため息をつき、イライラを全開にして、こちらの体を押さえつけて検査に及んだ。痛かったし、恐怖の時間だった。

 

 スタッフさんも、お仕事でやっていて、決して意地悪でやっているのではないのだろうが、病院と言うところは、基本具合の悪い人が行くところ

 忙しくて、一人ひとりに時間をあまりかけられないのも、思い通りに動かない事にイラつく気持ちもわからなくはない。

 だけど、もうちょっと、思いやりを持って、質問には答える、相談しやすい環境を作るなど、人間として最低限の対応をして欲しかった

 

 そして最後の診察で医師から言われたのは、

「あなたは病気ではないから経過観察。また3ヶ月後に来て」

 じゃあこの不快な症状は?本当に病気ではないの?何が原因なの?わたしの方でできる対策は?

 言われた事が信じられないのと、言いたい事が怖くて声にならない現象が起こりました。

沸き起こった疑問

苦情の相談先は?

 まず、上記のように、病院で不快な対応を受けた時に、どこに相談すればいいか、瞬時に答えられる人、いますか?

 受付に言うという手もありますが、そうですかで終わって、医師までいかなかったり、改善せずに終わりそうな感じもしますね。

 他には、弁護士さんや医師会などが浮かぶけれど、別に争いたいわけでも、慰謝料がほしいとかでもないので、ちょっと大げさすぎる気も。

 

 パッと浮かばないという方が大半ではないでしょうか?

 

 調べたら、こんな組織があるそうです。

www.anzen-shien.jp

 こちらの、医療安全支援センターさんは、各都道府県にあって、患者さんからの苦情や相談に応じているのだそうです。

 中立な立場で相談に応じていて、プライバシーにも配慮してくださるんだそうです。

 

 相談する事で、どの程度の影響力があるのか、利用した事がないので、わたしはわかりませんが、本当に困っている方、どうしても許せない事がある方は、最初の窓口として問い合わせてみるのもいいんじゃないでしょうか。

「いい病院」「いい先生」って、何?

 今思うと、病院選びって、きちんとした根拠がなく行っていたなぁと。

 

 小さい頃から、ずっと病院に掛かっているのですが、行っていた病院って、

  • 「親がつれていってくれた知っている先生の病院」
  • 「家から近い」
  • 「ネットで見かけた」
  • 「公共機関の広告で聞いた事があった」
  • 「知り合いに、あの先生はいい先生だから、と言われた」
  • 「緊急だったため、とりあえず○○科と書かれていたから入った」

 なんとも、いい加減な理由ですね…。

 

 でも、よっぽど医療に明るい方以外は、同じような根拠の方が多いのではないでしょうか。

 

 では、いい病院や、いい先生とは、なんでしょう?

 思いついた順に、並べてみました。

  • 診察が丁寧
  • 説明がわかりやすい
  • 話をきちんと聞いてくれた
  • 治療・手術が成功した
  • 待ち時間が少なかった
  • スタッフさんが優しかった
  • 設備が新しくて綺麗だった
  • 待合室に、患者さんが快適に過ごせるような工夫がされていた

 などでしょうか。

 

 人によって、話をじっくり聞いてもらいたいタイプの方もいれば、長く待つのが嫌で、さっさと終わらせてくれる方が好み、という方もいるでしょう。

 重視する点がどこなのかによって、感想って変わってきそうです。

 

 つまり、「重要視する部分を完全に満たしている=その人にとってのいい病院・先生」なのではないでしょうか。

病院の評価が、外部からではわかりにくい件

 飲食店なら食べログが有名ですが、病院で、食べログのようにパッと浮かぶサイトって、ない気がします。あったとしても、普及はしていない。

 一部、検索サイトや評価サイトなどはありますが、こういった所は、よく読むとネガティブな書き込みができないようになっているので、嫌がらせ目的ではなく、本当に嫌な思いをした人が、その事を素直に書けない構造があるため、訪問者が本当に欲しい情報がなかなか得られません。これって、匿名性の良い部分と悪い部分を、よく映しているなぁと思います。

 レビューって、匿名性だから一見書きやすいように見えるけど、性善説を前提としているから、一部、ユーザーではない方が、いたずら目的で悪質な投稿をする。今度はそれを規制するために運営側が肯定的な話しか書けないようにしてしまうから、ネガティブだけど有益な情報、全うな意見まで制限されてしまうんですよね。

こんな未来が来てほしい

 どこが自分のニーズと合った病院なのかが、外部からは非常にわかりづらいので、いっその事匿名性をやめて実名もしくはそれに近い形で病院のレビューができるようにしたらいいのに、と思います。命にかかわる事でもありますし。

 実名やマイナンバーで管理して、嫌がらせ目的の書き込みをした人は罰せられるとか、そういう仕組みを作ればサイトも荒れないんじゃないかな。

 

 で、重視する所は人によって違うので、住所から検索できるようにして、

  • 設備
  • 医師の態度
  • スタッフの態度
  • 待ち時間
  • 診療内容

 こんな感じで5段階評価で☆をつけて、☆が平均2以下になったら行政から指導が入ったり、1週間営業停止になるなどのペナルティがあれば、非人道的な対応する病院も駆逐できて、患者側も利用しやすいのではないでしょうか。

 

 なぁんて事を、もこもこと考えておりました。

あとがき

 色々書きましたが、対応の悪い病院が、悪い意味で心に残りやすくて記事にしただけで、対応の良い病院の方が圧倒的に多いです。10年以上お世話になっている所もありますし。

 今回掛かった病院も、ネットの評価は悪くなくて、感謝の言葉を書いている方もいらっしゃいました。

 ただ、広告を多く出している、医師を複数かかえている病院だったため、患者の母数が多い→成功の数が多いのかもしれないし、診て下さったのが有名な医院長先生ではなかったので、他の先生の評価という可能性。また、対応してくださった先生は、人当たりは悪いけれど、処置は適切で実は優秀な名医だったかもしれない。(コウノドリの四宮先生のような)

 3ヶ月後にまた来てくださいと言われているのですが、正直…行きたくない。心が折れそう(笑)

 でも、病院を変えるとなると、またの痛い検査をするのか~と思うと気が引ける。上手な方でも痛いのは痛いですしね。引っ越すわけでもないのに診断書を書いてもらって転院するのもなんだかなぁ。

 そんな事を考えていると、ホテル並みに対応のよい病院です、という別の病院に対する書き込みを発見!

 先生もちゃんとしてるっぽい、内装にこだわってるっぽい、適切な処置をされるっぽい!

 と、ここで気づく。

 結局ネットの評価かよ…と。

 

 でも、素人が最初に自分でする事って、ネットで検索するくらいだから、結局はそうなってしまう。

 新作のシャンプーのように、お試しはできないし、診察や検査より、何より初診料が一番点数が高かったりするから、気に入らない度に変えていると、診察券も出費の増えるばかりなんですよね。

 

 大学時代の教授が言っていて、現在もわたしの判断基準になっている言葉があるんですけど、

「ネットは顔が見えないでしょ?だから、話半分に聞いていた方がいいよ。本ならその人の名前が一生残るから、いい加減な事は言えない。特に僕らみたいな研究者は。名前と顔を出して出版されている本を参考にした方がいいよ」

というもの。

 だから、参考にはするけど、まるっと鵜呑みにするのは危険

 

 現役の先生が、顔出しで、「この先生は名医!」「専門家が選ぶ、名医ランキング」とか写真とコメント付で発表してくれたら、きっとすぐに信じてしまうと思う。

 

 3ヶ月後にどうするかは、その時の状況で決めようと思います。

素人が安全に、1食1000円以下で、フグを食べる方法

 先日のニュースなのですが、ご覧になりましたか?

headlines.yahoo.co.jp

 ふぐは、種類によって毒のある部位が決まっているから、プロが判断して取り除いていたけど、最近になって、種類がわからなくて怖くて食べられないふぐが出てきた

 調べてみたら、地球温暖化の影響で生まれたゴマフグとショウサイフグの雑種らしいよ、って話です。

 

 プロの方が、大量のふぐを直に見て、模様やヒレの色から種類を特定して分別する。

 

 まさに神業で、この先人工知能がどれだけ発達しようと、人間に取って代われない素敵なお仕事だと思います。 

 ミスしたら、すみませんでした!では済まないお仕事ですしね。

f:id:mahousagi:20170603010421p:plain

 

 でも、ふぐってどこで食べられるんだ?

 

 料亭?

 

 そこそこ良いものを食べさせてもらって生きてきましたが、わたしは料亭は未経験。

 

 そもそも料亭って敷居が高い。

 大物政治家の密談とか、池井戸潤さんの小説に出てくるイメージ(笑)

f:id:mahousagi:20170603000523p:plain

 

 今日は、料亭に行かなくても、一般人が気軽にふぐを食べられる方法を、ご紹介致します。

 

~目次~

 

 無毒のふぐの存在

 そもそも、毒のないふぐもいるって、知ってました?

 

 一般的に無毒と言われているのものに、ヨリトフグやシロサバフグがありますね。

 

 だから、天然モノにこだわらないで、これらの養殖ふぐを食べていれば安全、と思いますよね?

 

 でも…。

www.himaka.net

 ふぐは食物連鎖によって毒化するので、プールのような水槽で毒のないエサを与え続けて大きくすれば、無毒のふぐを作ることは理論的には可能なのですが、実際には、海に網の囲いをして養殖したり、より天然物に近づけるために湾内を仕切って養殖していたりするところもあり、その場合は、網の間から侵入してきた毒化プランクトンや毒化した貝類などを養殖ふぐが捕食して毒化するという可能性が大いにあるのです。

 

 絶対大丈夫とは言い切れないっぽい。

 

 追求すると、いくつかの個体を調査したら毒が微量だけど見つかった例もあったり、確率は低いけれど過信は禁物なので、プロが安全と判断したものだけを食べるようにしましょう

 

家庭で気軽に食べられる、おすすめふぐ料理

 料亭に行かず、家庭で安く、安全にふぐを食べてみたい方におすすめしたいのが、こちら。

 

 

 ふぐの養殖で有名な、山口県下関市にあるマル幸商事株式会社さんが販売元です。

 名前、ふぐカレーじゃなくて「ふくカレー」ね。

 

 だいたい1食ワンコインちょっと

 リンクから買わなくても、レトルトカレーの品揃えが充実しているお店には、高確率で置いてあります。

 

 おいしいので、何度もリピしています。

 

 シロサバフグを使ったカレーです。お味はちょっと生臭いんですが、決して不快な臭さではなくて、青魚を食べた時のクセになるうまさに似ているので、青魚が好きな方は相性がいいかも。

 食感はほろほろとしていて鶏肉に近い感じです。

 

 わたしは、ひきこもりたい時のための保存食として置いています。

 自宅にレトルトカレーを2.3食常備しておくと、便利ですよ。

 

あとがき

 ふぐは、免許のある方がいて、許可を取っていないと、一般人には食べられないので、こんな風に気軽に食べられるのって、嬉しいなぁって思います。

 話が少しそれますが、貴重な調査捕鯨を使った、同社のくじらカレーもおいしいのでおすすめです。

 

 いつか、機会があったら料亭に行って、花びらみたいに盛られたあいつを、食べてみるのが夢です。

初心者がアドセンスに一発で合格した話 【2017年5月版】

 初めましての方も、よく来てくださる方も、こんにちは。麻歩です。

 

 実はこのブログ、最近アドセンスに合格したんですよ!

 

 今日は、初心者のわたしが申し込みから合格までの軌跡を語らせていただきたいと思います。

 

~目次~

 

当ブログのスペック

 当ブログ、『麻歩の、寝たり食ったり喋ったり』は、5月4日に独自ドメインを取得して、アドセンス合格に向けての準備をしていました。

www.mahousagi.com

 

 申請時のスペックは、こんな感じ。

  • 開設年月日 2016年12月11日
  • アクセス 1日10~100前後
  • 申請時の記事数 17
  • 記事内容 雑記ブログ

 ここまでご覧いただいてわかるように、アクセスも、更新も、決して多いとは言えません。

 この状態で申請をし、結果を待ちました。

結果が来ない…

 アドセンスの審査には、最大3日かかると書かれていますよね。

 ルンルン気分で結果を待つわたし。

 毎日メールボックスを開けるのが楽しみに。

 

 でも……。

 

 …あれ??

 

 

 ……来ないのですが!

 

 だんだんと不安になってくるわたし。

 

 何がいけないんだろう?

 やっぱり記事数が少なすぎなのかなぁ?

 

 そもそもわたしが申請をしたのが5月5日。

 ちょうど、ゴールデンウィークの真っ最中。

 

 グーグルさんのお休みが、日本のカレンダーと一致するかはわからなかったけど、大企業だから、きっと多めに休むに違いない、と考えて、気長に待つことに。

 

 でも、1週間経っても、10日経っても、連絡は来ません。

 

 メルアド、間違って登録したかな?と、さらに不安になるわたし。

 

 悪い結果になるなら、改善点が知りたいので、早めに教えて欲しいですよね。

 

 ネットで調べてみても、早い方だと数時間後、遅い方だと3ヶ月。多かったのは、10日、2週間など。

 

 審査状況確認フォームから、催促する方々もありましたが、どんなに丁寧に書いても、「どうして返事くれないの?」と、面倒な奴になってしまうし、返事が来なかったと言っている方が多かったため、1ヶ月待ってもこなかったら、その時考える事にして、結局使いませんでした

 

審査中にやった事

 だんだんと、何がいけないんだろう…と考える事に疲れてきたので、マイペースに更新をしつつ、ブログを見直す事に。

 この期間にやった事は、こんな感じ。

 

  • 記事の更新 3日に1回程度。
  • プライバシーポリシーの設置
  • 連絡先の追加

 これだけです。

 

 更新は、スケジュール的に難しかったので、頑張って3日に1回。

 プライバシーポリシーは、いずれ必要になるから。

 連絡先は、あった方がいい、と聞いたからです。

 

 よく、審査期間中は、毎日更新しないとダメだ!画像や広告は貼るな!という書き込みを見かけますが、わたしはバリバリ、画像・広告を貼っていましたし、更新も無理のない範囲でしかしていません。

 

 不安になって、1日だけ広告を削除してみた時があったのですが、それでも返事がなかったので、せっかく審査してもらっているのだから、嘘をつかずに、自分のやりたいようにやった状態で見てもらった方がいいな、と思い直してバリバリ貼っていました。

 もし、貼ってはいけないもの、書いてはいけないものを、知らずに載せてしまっていたら、合否通知の際にグーグルさんが警告してくれると思ったし、書きたい事を書かずに合格しても、自分のやり方に戻した瞬間警告が来たら意味がないと考えました。

 

連絡が来たよ!

 ある日メールボックスを開いたら、見慣れないメールが。

 

f:id:mahousagi:20170601190205p:plain

 おおおおおお!!!!!

 

 申請していた事も忘れていたよ…。

 申し込みから16日後の事でした。

 

 日曜日の午後の事でした。

 グーグルさん、土日もお仕事してくれてたんですね。

 

 すごく嬉しくて、その日は1人でお祝いしました(笑)

 

まとめ

 わたしの合格までの道のりは、17記事で、

 5月4日(はてなPro&独自ドメイン取得)

    ↓

 5月5日(アドセンス申請)

    ↓

 5月21日(アドセンス合格)

でした。

 

 記事数、アクセス数も多くなければ、独自ドメインも取得したばかりで、パワーもまだ弱いです。画像や広告もバリバリ貼っていましたし、何でも記事にする雑記ブログゆえ、人によっては主張の強いと感じる記事もあると思いますが、記事内容や表現がポリシーにひっかかる事は特にありませんでした。

 

 合格したわたしから、僭越ながら言わせていただくと、

  • 変な意識をせず、自分が正しいと思った方法でブログを運営する。
  • 果報は寝て待て、じゃないけど、返事が来なくてもあせらず、マイペースに更新を楽しむ
  • 結果が出るまである程度時間がかかるので、挑戦してみたい人は、早め早めの行動で準備をする

 

 こんなところでしょうか。

 

 審査開始から3日以上経っても、グーグルさんは確実に審査してくださるので、どっしりと構えて結果を待ちましょう。

 

 今後はアドセンスの貼り方についても考えていきたいと思います。

【初心者のアドセンス準備】はてなPro&独自ドメインへ

 はてなブログを始めた方がやってみたい事の1つに、アドセンス登録があると思います。

 アドセンスとは、グーグルさん指定の審査に合格した方のみが利用できる、クリック報酬型の広告サービスで、自分のホームページに広告を置かせていただいて、サイト訪問者がクリックする事で、それに応じた報酬が頂けるサービスです。

 

 アドセンスの申請には、独自ドメインの取得と、独自ドメインを利用するために、はてなブログProに移行する必要があります

 

 今日は、知識ゼロからのブログ初心者のわたしが、様々な方の助けを得て、事前準備をした過程をご説明致します。

f:id:mahousagi:20170529104112p:plain

 

~目次~

 

 

はてなブログPro&独自ドメイン取得への道程

 こちらのサイト様を参考にさせていただきました。

 

www.neetkun.net

 わたしが拝見した中で、一番わかりやすく親切でした。こちらの記事だけで、はてなブログProへの移行と、独自ドメインの取得まで辿りつけると思います。

 

 なぜ数あるドメイン業者の中からムームードメインさんにしたかというと、ドメインの維持費用は、2年目以降の料金ははっきり言ってあまり大差ありません。

 ムームーさんの他社との一番の違いは、WHOIS公開情報の代理公開が無料でついてくる事!

  この申し込みを、うっかり忘れてしまうと、あなたの本名や住所がネット上に公開されてしまうんです。

 自宅でお店をやっているとか、特段の事情がない限り、申し込まないメリットは皆無だと思います。

 

 調べた結果、他社では別途申し込みが必要だったり、別料金の所が多かった事と、ムームーさんだと、一時的にアクセスが集中するような事が起きても、サイトが落ちなかったなどの報告もあり、これらが決め手になりました。

 

初心者のつまずきポイント

 1点だけ、わたしがつまずいたポイントが。

 

 画面の説明をよく読めばわかる事なのですが、上記記事内の、ムームードメイン側の設定で、「設定2」のCNAMEなどを設定するところ。

 この画面に行くには、「カスタム設定」をクリックしないと、設定ができません。

f:id:mahousagi:20170529104237p:plain

中~上級者向けの~」と警告が出ます。初心者ですが?と思って最初はクリックしなかったのですが、ここをクリックしないと先へは進めませんので、自信を持ってクリックしちゃって大丈夫です。

はてなPro&独自ドメインにしてみた感想

 はてなPro、独自ドメインにした結果、良かったです。

 記事がわかりやすかったので、これらの設定が1日で全てできてしまいました

 

 ブログを続けられるかわからないし、維持費もかかるので、ずっと決断を先送りにしていたのですが、投資で少し利益が出たので、その分設備投資と思って思い切りました。

 Proにした結果、一定の負荷がかかって、元を取るために更新意欲が増しますし、はてなPro代、ドメイン料合わせても、月平均1000円前後です。社会人なら、お小遣いの範囲の趣味として、全然アリだと思います。

 

 また、Proに移行した事で、今まで触れなかった設定を触ることができるようになりますので、勉強意欲次第で、自分好みにカスタマイズできると思います。

 ただ、全てをいっぺんに変えようとすると、相当の負荷がかかりますので、マイペースに記事を更新しながら、余裕ができたら、設定を触る。趣味でやっている方は、このくらいゆるい方が続けやすいかな、と思います。

 

 いずれプロに移行したいという方は、記事が溜まってきた後からURL変更をしたりすると、結構面倒なので、

  • 月1000円以上の価値があると思う
  • 維持費用を払い続ける事はできる
  • ブログで収益をあげていきたい、かつ、この先状況が変化してもブログはやめないだろう

 これらに当てはまる方は、挑戦してみた方が得られるものが大きいかもしれません。